がっさいごっそい

主にパソコン、ガジェット、インターネット、PC周辺機器について書いています

【胃カメラ】「鼻からと口から」痛みがなく苦しくないおすすめは?【体験レビュー】

f:id:rimutsutaka:20171006145612j:plain

 

過去に胃カメラを何度か受けたんですが、挿入場所によって苦しさが全然違いました。

  • 鼻から
  • 口から

上記の様に、胃カメラには2つの選択肢があります。

 

私のおすすめは断然「鼻から」です!

 

スポンサーリンク

 

胃カメラの重要性

胃の検査をする場合、バリウムではなく「胃カメラ」がおすすめです。

バリウムを飲んでの「レントゲン」は、かなり被爆しますから。

 

しかも胃カメラは、「物理的にカメラが胃の内部に入っていく」ので、詳細に観察することができます。

胃カメラ検査を心地よく受けるために必要なこと

胃カメラ検査で重要なのが、「診察してくれる医師の選び方」です。

 

おすすめは、

「日本消化器内視鏡学会認定専門医」

の肩書きを持っている医師です。

 

医院のホームページを見れば、すぐにわかります。

 

 

私は初めての胃カメラ検査は「口から」で、2度と受けたくないと絶望するほどつらいものでした。

 

 

その後、「日本消化器内視鏡学会認定専門医」の先生に鼻から胃カメラをやってもらった時は、全く苦しくありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

口からの胃カメラはつらすぎる

私の胃カメラ初体験は本当につらいものでした。

それは「口から」入れる胃カメラだったからです。

 

口から入れると何がつらいって、「とにかくえずくこと」です。

 

うげー、うげー

と検査の最中ずっとうめいてました。

  

検査前につらくないよう、口の中の「胃カメラが通過する場所」にスプレー式の麻酔をしたのですが、麻酔なんてしたっけ? ってレベルでつらすぎました。

鼻からの胃カメラが断然ラク

もう2度と胃カメラなんて受けない!

と決意したんですが、再び胃の調子が悪くなり、心配を解消するためにも受けることに。

 

 

前回は何もリサーチせずに病院を決めてしまったので、今回は徹底的に調べました。

 

特に大切なのが、

  1. 鼻から入れる」胃カメラであること
  2. 日本消化器内視鏡学会認定専門医であること

この2つでした。

 

 

そしてたまたま近所にその条件を満たす個人病院があったので行ってみることにしました。

日本消化器内視鏡学会認定専門医による「鼻から胃カメラ」体験記

そこの個人病院へ行くのは初めてだったんですが、とても物腰の柔らかい先生で安心しました。

「胃カメラを受けたい」ことを伝え、後日検査に。

 

 

「鼻から」の胃カメラの場合でも、カメラが通る場所に軽く麻酔をします。

 

そしていよいよ胃カメラを挿入するんですが、鼻からだとほとんど痛くありません!

 

昔は鼻からの胃カメラは画像が粗かったそうですが、今は「画像も鮮明」です。

リアルタイムで胃の内部映像を見られるほど楽だった

診察中は「カメラ映像を自分もリアルタイムで見られる」んですが、初めてのときはそんな余裕はありませんでした。

 

しかし今回は楽勝! (´∀`)

 

 

もっと胃が荒れているかと思っていたんですが、意外にも「食道も胃もきれい」で感動しました。

 

「こんなに不規則な生活をしているのにきれいな胃」を見て、なんだか「けなげさ」を感じてしまいました。

 

もっと健康に気を配らなくては!

 

スポンサーリンク

 

終わりに:胃カメラまとめ

そもそも胃カメラを受けることになったのも「胃の調子が凄く悪くなったから」でした。

 

しかし「悪い病気だったらどうしよう・・」と、なかなか病院へ行けませんでしたが、いざ行ってみると、なんてことはありません。

 

あれほど「うじうじ悩んでいたのがバカらしい」ほど、検査もあっさり終わり、安心することができました。