がっさいごっそい

主にパソコン、ガジェット、インターネット、PC周辺機器について書いています

【盲腸】原因不明の「右下腹部痛」や違和感を治した方法とは?

私がおばあちゃんに教えてもらった、盲腸を治す方法の紹介です。

この方法は、おばあちゃんが幼い頃から、あった治療法だそうです。

 

実際、私自身も痛みを感じ続けていた右下腹部痛が治りました。

 

スポンサーリンク

 

下腹部に痛みを感じたら

まず大前提として、下腹部に痛みを感じたら病院で診察してもらってください。

 

まれに盲腸が悪化していて、手遅れ寸前になっているという話も聞くので。

私の下腹部痛の症状

私の場合、2015年の8月ごろからずーっと右下腹部が痛んでいました。

 

体育座りをした時に、右下腹部部分がパンパンに張っていて、前かがみをするのもつらい状態でした。

盲腸の診断は難しい

もちろん病院へも行きました。

レントゲンやらCTやら、胃カメラもやりました。

 

診断は、「盲腸かもしれない」というあいまいなものでした。

 

 

盲腸は、おなじみの病気ですが、実は診断するのが難しいそうです。

「異常がない」と言われても、実は結構進んだ盲腸だったりすることもあります。

 

 

したがって、医師一人の判断では確実とは言えないので、複数の病院で診てもらうことも大切だと思います。

 

スポンサーリンク

 

日本に伝わる「ごぼう汁」で盲腸を治す民間療法

ごぼう汁

 

病院で納得いくまで検査して、それでも「経過観察」ですむ場合、次に紹介する民間療法が役立つかもしれません。

 

それはごぼうを使った方法です。

 

 

ごぼうは非常に殺菌作用に優れており、昔の日本人はこれで盲腸を治していました。

ごぼうは安いので気軽に試せるのも魅力です。

ごぼう汁の作り方

  1. 泥付きごぼうを良く洗う
  2. 洗ったごぼうを半分に切る
  3. 半分に切ったごぼうをすりおろす
  4. すりおろしたごぼうをガーゼでよくしぼり、その絞り汁を容器に集める

 

上記のやり方で、おちょこ1杯ほどの「ごぼう汁」ができるので、それをゆっくり時間をかけて飲んでいきます。

 

これを2日に1回のペースで続けます。

 

 

ごぼう汁を作るのが面倒という方は、「ごぼう茶」を飲んでみてください。

 

私は仕事が忙しい時期は、ごぼう汁の代わりにごぼう茶を飲んでいますが、下腹部痛も起こっていませんし、風邪もひかなくなりました。

 

普段飲んでいるお茶代わりにすればいいし、香りもよくて、とてもおすすめです。

終わりに:ごぼう汁を飲んでからの私の変化

私は1年以上右下腹部痛があったのですが、ごぼう汁やごぼう茶を飲むようになってから痛みはきれいに消え去りました。

 

あれほどパンパンに張っていた右下腹部も、今は元の状態に戻っています。

 

 

その他にも、風邪を全くひかなくなりました。

ごぼうの殺菌作用はすごいと思います。

 

仮に、もし効果がなくても、ごぼう汁を飲むこと自体が健康に良いので、気軽に試すことができるのも安心です。