がっさいごっそい

2人の女の子を育てています。夫婦で興味のあることについて書いていきます。

【慢性前立腺炎】高橋クリニックでの膀胱頚部硬化症手術で排尿の勢いはどう変化したのか?

高橋クリニックでの膀胱頚部硬化症手術

慢性前立腺炎になり高橋クリニックで膀胱頚部硬化症の手術を受けました。

私の症状はおしっこがスムーズに出ない、下半身を中心に痛みがあることでした。

高橋クリニックで膀胱頚部硬化症の手術を受ける

手術の前に麻酔を受けます。下半身麻酔で打ってからしばらく安静にして麻酔が効いてくるのを待ちます。

そして狭くなっている膀胱頚部を削るのですが、麻酔の効きが弱かったのか、削ってる最中かなりの痛みがありました。

しかし何とか耐えました。手術の最中はゴーグルを着け、医師が見ている映像と同じものをリアルタイムで自分も見ることが出来ます。

狭かった膀胱頚部が削られ、だんだん広くなっていくのが確認できました。

そして手術が終わり、尿道カテーテルを留置して腰に採尿バッグを身につけホテルに戻ります。

尿道カテーテルは違和感はありますが、そこまでつらいとは感じませんでした。

膀胱頚部硬化症の手術でどのように変わったのか?

膀胱頚部を広げる手術を受けて、おしっこをする時に確かに膀胱の出口が広がっているのが感じられました。

手術前はとにかく尿道に何かが詰まってるような感じで、スムーズに尿が出せなかったのが、その抵抗がかなり少なくなったように思いました。

しかし、それも長くは続きませんでした。次第に膀胱の出口が狭くなったように感じられ、おしっこもスムーズに出なくなっていきました。

医者に頼らないで慢性前立腺炎が治った!

高橋クリニックで膀胱頚部硬化症の手術を受ける前も、いくつもの病院に行きセルニルトンをはじめ、たくさんの薬を処方されてきました。

しかし一向に良くならず、最後の賭けとして手術に踏み切ったわけです。それでも慢性前立腺炎の症状があまり良くなることはなく、「医者では治せないのだ」と悟りました。

それからは、巷で『慢性前立腺炎に効く』と言われる物を片っ端から試し始めます。

青汁やノコギリヤシ、亜鉛、漢方などをしばらく飲んでいました。

そんな中、1番効果を感じたのがハーブとクランベリーが入っているサプリメントでした。

それまでの症状は、前立腺癌かと思うほどひどい痛みと、非常に弱い排尿の勢いでした。

そんな状況だったのが、ハーブとクランベリーのサプリメントで、痛みもほぼなくなり排尿の勢いもかなり戻ってきました。本当に命拾いした感じです。

それまでは何をしても改善することのなかった症状が治ったわけですから、「これは凄い!」と思い、販売中止で手に入らなくならないように速攻で数本買い足しました。

ベリー系の果実は昔から泌尿器系の病気に効果があると言われています。自分は飲み始めてから4ヶ月ほどになりますが、今では日常生活も全く問題はありません。


 

私はなかなか良くならないこの病気に、これからも悩まされ続けていくのかとうんざりしていた中でのことでしたので、本当に救われました。