がっさいごっそい

PC周辺機器メーカー勤務。主にガジェット・インターネット・PC周辺機器について書いています

『大腸内視鏡検査』を受けてみて、腹部の痛みを感じたら"絶対に受けとくべきだ"と思いしらされました【費用や下剤、痛みについても記載】

スポンサーリンク

大腸内視鏡検査ニフレック

大腸内視鏡検査を受ける人は皆飲む下剤『ニフレック』

【追記:17.8.16】5ヶ月経って感じたことを一番最後の追記に書きました。

 

こんにちは!妻です。

私が記事を書く機会もすっかり減ってしまいました。

 

今回は大腸内視鏡検査を受けてきたので、その体験記を書いてみます。

 

右下腹部の痛みにずっと不安を抱えていたんですが、悩むくらいならさっさと検査を受けとくべきだったなぁと感じています。

 

スポンサーリンク

 

右下腹部痛がずっと続く

事の始まりは、2015年の7月。

なんだか右の下腹部が痛くなりだしました。

 

初めは、「すぐに治るでしょ(´∀`)」なんてお気楽に考えていましたが、一向に治りません。

 

なんだか下腹部の辺りがパンパンに張っていて、ただ事じゃない感じになっていたんです。

 

これはまずい・・

と焦りだし、2015年10月に近所の個人病院に検査を受けに行きました。

個人病院での検査

個人病院での検査はお腹の触診とエコーでした。

 

診断結果は「異常なし」とのことで、ホッ(*´∀`*)としましたが、

何日経っても一向に治りません。

 

毎日、毎日痛い。

「何なんだ、この痛みは。もしかして、CTとかも撮っておいた方がいいのだろうか?」

 

も、もしかして重大な病気にかかってる?

心が押しつぶされそうな毎日でした。

右下腹部痛は相変わらず続いていた

毎日下腹部に痛みを感じながらも、15年の10月以来病院には行っていませんでした。

 

しかし、

「もう限界だ・・」

となって、再び同じ個人病院に行きました。

 

「なぜ、大きい病院に行かないの?」って感じですが、怖かった。

 ただただ怖かったんです。

CT検査で重大な問題を発見されるのが。

 

個人病院の診察で何か分かれば、それに越したことはないと思っていたんです。

 

スポンサーリンク

 

再びの個人病院での診察

2回目の個人病院での診察は、

「ガスがたまってるので、ガスがたまらないようにするお薬出しておきますね」

と、ものの数分で終わってしまいました。

 

帰る道すがら、

「何をしているんだ。大きな病院できちんとCT検査を受けなくては!」

と、ようやく決心しました。

市民病院で腹部CT検査を受ける

そして市民病院へ行き、右下腹部を詳しく診察してもらうことに。

とてもきれいな所で、先生もやさしくて信頼できる感じでした。

 

検査は普通のレントゲン、CT検査、血液検査、尿検査です。

 

それにしても、検査結果を聞くのがすんごく怖かった。

何を言われるかと超びくびくしてました。

 

そして検査結果ですが、

「特に異常は見当たらない」ということ。

 

良かった―( ´ー`)(*´∀`*)(´∀`)

本当に良かった。

 

もう心から、自分の体に感謝しました。

「これからは、もっともっと体を大事にします」と心に誓いました。

 

そしてこちらからお願いして、大腸内視鏡検査も受けることになりました。

検査は1ヶ月後です。

 

スポンサーリンク

 

大腸内視鏡検査の前日から当日に起こったことのすべて

下剤ニフレック

内視鏡検査当日に飲む下剤『ニフレック』

大腸内視鏡検査を受けるには、大腸の中をからっぽにしなくてはなりません。

 

大腸の中をからっぽにするために、大腸内視鏡検査前日の20時に「ピコスルファートナトリウム」という液体を、コップ一杯の水に入れて飲みます。

 

これは別段どうということありません。

 

そして、もちろん食べ物は食べてはいけません。

大腸内視鏡検査当日

大腸内視鏡検査当日は、朝の7時から「ニフレック」という下剤を飲み始めました。

 

この下剤「ニフレック」なんですが、微妙にまずいのです。

まずすぎて飲めないという事もないんですが、やんわりとマズい。

 

そんなちょいまずニフレックを、2リットルちびちび飲んでいきます。

 

 

説明によると、1リットルを飲んだあたりで便通が来るらしい。

しかーし、ニフレックを1リットル飲んでも一向に便通が来ません。

 

どうなってんじゃー ( ゚Д゚)コラ

 

と、不安になりながらもやることは変わらず、相変わらずニフレックをちびちび飲んでいました。

便通がくる

やがて、1時間40分後くらいにようやく便通がきてトイレにかけこみました。

 

ニフレックを飲んで、便が水しか出ないようになればOK牧場ということで、その状態になったので安心して病院に行くことにしました。

大腸内視鏡検査を実際に受ける

いよいよ大腸内視鏡検査です。

 

検査を受けるために、検査着に着替えます。

そして横向きになり先生が大腸に内視鏡を入れていきます。

 

痛いよー、うえーん (ノ_-。)

 

初めのうちは、結構痛かった。

全然耐えられる痛みなんだけど、いやーな痛みが続いていきます。

 

しかし、次第に痛みもなくなり、先生と共にモニター見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

モニターに映し出された自分の大腸内部

モニターに映し出された自分の大腸は、すんげー綺麗でした。

 

毎日不摂生をしてるのに、これだけ綺麗だと

「がんばってくれてありがとう」

と感謝したくなります。

 

検査をしてくれた先生も「大腸は綺麗で問題ありませんよ」と、言ってくれました。

 

「どこも異常がなくて本当に良かった」

 

心底ほっとしました。

大腸内視鏡検査の費用

ちなみに、大腸内視鏡検査の費用ですが、5,200円でした。

これには下剤のピコスルファートナトリウムやニフレックの料金も含まれています。

最後に: 大腸内視鏡検査を受けて感じたこと

実際に大腸内視鏡検査で自分の大腸内部を見て、あまりの綺麗さに泣けてきました。

 

毎日冷えもひどいし、食事にも気を使っていません。それなのにこれだけ綺麗だなんて。

本当に自分の体に感謝しました。

 

そして、もっと自分の体をいたわってあげないといけません。

体に異常を感じたら、うじうじ悩んだりせず、すぐ病院に行こうと心に誓いました。

追記:17.8.16

大腸内視鏡検査で異常がなかったのはいいんですが、しばらく下腹部の痛みは続いていました。

 

しかし、イソフラボンを服用してから痛みが劇的に改善しました。

どうやら、私の痛みの原因は大腸がきちんと働いておらず、ガスがたまっていたみたいです。

 

痛みがなくなるとともに腹部の張りもなくなったので、ほぼ完全に体調も戻りました。

大豆イソフラボン

 

大腸は全身の免疫をつかさどるとも言われているので、しっかりケアしていきたいと思っています。