がっさいごっそい

PC周辺機器メーカー勤務。主にガジェット・インターネット・PC周辺機器について書いています

ひどい腰痛を何とか治したので、そのコツとか方法をシェアします【快眠の嬉しさ】

スポンサーリンク

楽しみに待っていた新しいマットレス。

以前から眠りについた翌朝にすっきり目覚めるマットレスを望んでいた。

日本製であることも大事。

今回は、私の腰痛対策の方法やコツを話してみます。

長い腰痛との付き合い

私は10年以上前から腰痛と付き合ってきました。

腰が痛いぃ (゚´Д`゚)゚

と悲鳴を上げることもしばしば。

特に1年前から痛みがひどいことに。

これは真剣に対策を考えないと、相当マズイ事になるぞと焦り始めたのです。

腰痛対策を本格的に始める

腰痛対策といえば運動ということで、まずはジムに入会しプールで泳いでみた。

うーん、気持ちよい!

プールは幼い頃に通っていたので、ホント久しぶりだ。

プールで泳ぐってこんなに気持ち良かったんだ。

すっかり忘れてた。

そして徒歩の回数も増やすことに。

ただ歩くだけじゃなく早歩き。

運動を始めてからでだいぶ腰の痛みもなくなってきたんだけど、眠ることが非常に厄介だった

朝起きると腰が猛烈に痛くなっていることがよくあったんです。

せっかく運動しても、布団のせいでリセットされてしまう。

とにかく布団が合っていなかったんだと思う。

姉の家に行きマットレスに感動

私の姉は2007年に椎間板ヘルニアの手術を受けている。

だからといって今までは特に腰のことについて話し合ったことはなかった。

しかし流れから腰痛改善の話になり、姉が使っているベッドで寝かせてもらうことに。

なんだこれ、すんごい気持ちよいぞ!

姉のベッドは、今まで体験したことのない感触だった。

もう自分の安い布団と全然違う。

体がやさしく包み込まれ、硬さもちょうど良いのだ。

マットレスが柔らかすぎても硬すぎても腰に負担がくることは経験済みなので、絶妙な硬さに感動した。

姉も毎日使うものの費用は絶対にケチるべきではない、と力をこめて言っていた。

腰痛持ちが寝具にこだわるということ

私も早速姉が使っているマットレスを注文。

そして先日我が家にやってきた。

私の使い方はマットレスにシーツを1枚敷いて眠ってます。

このマットレスは高反発コイルが素晴らしく、体圧がきれいに分散してくれ一箇所に負担がかかるということがない。

どこにも不自然な力がかかないから、当然目覚めた瞬間も快適。

そりゃ、このマットレスで寝ていたら腰痛にはならないはずだ。

もう買って大正解だった。

腰痛をひどくして手術にでもなったら、手術リスクはあるし、お金はかかるしで大変。

こういう毎日使うものにお金をかけることはとても意味のあることだと痛感しました。

腰痛に苦しめられている人、ただただ快眠を求めている人にも自信をもっておすすめできるマットレスです。

公式サイトで詳細を見る⇒ 極上の寝心地。13層やすらぎマットレス