がっさいごっそい

2人の女の子を育てています。夫婦で興味のあることについて書いていきます。

人見知りでも彼女が出来た効果のあった方法を聴いてくれ

赤面人見知り

ぼくはおとなしい性格で小学生の頃から「お前に彼女が出来るところが全く想像出来ない」というありがたくない評価を頂いていた。

そして「そうだろうな」と何の疑問ももたず受け入れてしまう自分。

情けないですたい。

ひどい人見知りっぷり

小学生時代の前半のぼくは積極的でとても元気だったらしいんです。でもその頃の記憶があまりないんです。

なぜにおとなしくなってしまったんでしょう。

中学生になっても人見知りは直らず

中学生になっても女子とまともに喋ったことすらなく、修学旅行の時なんか部屋で楽しそうに話してる男女グループを見てはうらやましく思っていた。

もう重度の人見知りすぎて女子とはもちろんのこと、男子とも緊張してしまって会話がまともに続かない。

悲しいよ。悲しいですよ。

「くそー!なんでぼくには、こんなに喋りのスキルがないんだ。もういいんだっ。ふんっ・゚・(ノД`)」

そんないじける毎日だった。

その当時のぼくは世界人見知り選手権があったら日本代表強化指定選手に選ばれていたと思う。

それぐらいの絶対的な人見知り力をもっていた。

人見知りのまま高校生になってしまう

そんなこんなで高校進学。

人見知りは高校生になっても変わらず、なかなか友達も出来ずに焦っていた。「やばいぞ、とにかくやばい。どうにかしなきゃ。」

どんどん悲壮感を漂わせていくぼく。でも特に何かするでもなく「このせんべいうめぇ」と自堕落な毎日を送っていた。

そんな孤独な高校一年が終わり転機が訪れるのである。

K越くん、ようこそ

高校二年生になり幼なじみのK越くんが転校してきた。

彼とは小学六年生の頃まで隣近所で毎日遊んでいたのだが親の転勤で県外に引っ越してしまった。

しかし再び、自分たちの持ち家に帰って来たのだ。

彼は小学生時代から端正な顔立ちをしていた。

小学生で離れ離れになってしまったが、もし多感な中学時代も一緒だったら今頃自分は女子にも男子にも恋する博愛主義者になっていたかもしれない。それぐらいカッコ良かった。

そして高校二年生で再開したK越くんはさらにイケメンになっていたのである。

しかし幼いころのコミュニケーションパワーは凄いもので、昔のようにすんなり喋ることが出来た。

あの頃の自分にコミュニケーションの取り方を小一時間ほど指導してもらいたいよ。

人見知りの自分、ア然。「モテるとはこういうことか」

K越くんのモテっぷりは凄かった。彼はイケメンで性格的にも嫌味なところが全くない。明るくて男もほれるってやつだ。(*´∇`*)ポッ

あの当時、俳優やアイドルになっていれば玉木宏のポジションぐらいに上り詰めていたかもしれない。

玉木宏もイケメンで面白い人だがK越くんも全く引けを取っていなかった。

それぐらいのモテるオーラをまとっていた。オーロラ輝子ですらあんなにオーラをまとっていなかったんじゃないかと思う。

例えば、K越くんが風邪で鼻水が垂れるのを防ぐために鼻にティッシュを詰めていたのだが、そんな姿さえ「かっこいい」と女の子たちが群がっていた。

鼻にティッシュを詰めるなんて行為は、下手したらイジメにあう可能性だってある行為だぞ。

それすら絵になるってどんだけだよ。どんだけーΣ(´д`;)

そんなこんなで、K越くんとは昔のような関係にすぐ戻れたので一緒に帰ることも多かった。

人見知り克服トレーニング

そして、ある日のことである。

普段あんまりにも女子と喋らずにいたぼくを心配したK越くんは「お前はこのままじゃ社会に出てからかなり苦労する。 今のうちに人見知りを克服しとこう」とトレーニングを申し出てきてくれた。

ぼくも今の自分の状態が相当まずいことは分かっていたので受け入れることにした。

そうして、K越くんの指導で度胸を付けるために女性に声をかけることになったのである。

かなり勇気のいることだったが、「変わりたいんだろ、俺。やるしかないだろう。」と意を決して声をかけてみることに。

しかし街ゆく女性に声を掛けるなんて地獄以外の何物でもない。

やっぱり、家に帰って広末涼子のがんばらナイトを聴いている方がラクでいいな。

と何度も心が折れそうになったが、K越くんの思いを無駄にすることだけは自分の中で絶対にあり得ないことだったので、何とか気持ちを強く持っていた。

結局2,3人に声を掛けることは出来た。

結果はガン無視。たぶんぼくは気が動転してノルウェー語で話し掛けていたんだと思う。

さすがに日本語で話しかけていたらピクリぐらいは反応してくれるだろうし。

そんなこんなで一日が終わった。

とてつもない疲労感も感じていたが、同時に何とも言えない高揚感もあった。

もちろん無視されて落ち込んだりもしたけれど、ひきこもって部屋でテレビを見ているときには感じたことのない感覚だった。

人見知りに彼女が出来る

そんなこんなの生活がしばらく続き、だんだん自分の性格が明るくなっていった。声かけはすべて断られたけど。

時は経ち、高校三年生になる。K越くんとも引き続き同じクラスだった。

そしてクラスメートのR子さんに恋をするようになる。

K越くんのおかげで以前よりは確実にコミュニケーションをとれるようになっていた。 そしてR子さんとも普通にお喋り出来ていた。

そんな中、告白の決意を固めることになる。

かなりドキドキしながら彼女を呼び出した。

「好きです。付き合って下さい。」

どストレートにR子さんに告白した。

なんと奇跡的に彼女の返事はOKだった。高校一年までの自分では女子と付き合うなんて想像も出来なかった。

人との出会い

人との出会いって本当に大事だ。

K越くんと再会して自然と「このままじゃ駄目だ。変わりたい。」という気持ちになれた。自分は本当に運が良かった。

自分一人で変わりたいと思っても気持ちはすぐに折れてしまっただろう。

R子さんとは大学生になって離れ離れになり別れてしまったが、とても良い思い出として残っている。

魅力的な人物と行動を共にしていると、人はこんなにも変われるんだと身をもって体験した。