がっさいごっそい

PC周辺機器メーカー勤務。主にガジェット・インターネット・PC周辺機器について書いています

「JINS SCREEN」の効果は実際どうなの?ブルーライトカットレンズを使用してみて感じたこと!【PCメガネ】

おすすめ記事SELECTION

1. 実際に買ってレビューしてます→ 2018年「買ってよかった」もの!

2. 絶対欲しいワイヤレスキーボード→ 無線キーボード4選

3. NURO光エリアの人はマジで乗り換えるべき!→ 「NURO光」へ乗り換えた!

スポンサーリンク

jins screen

 

仕事で毎日PCを使用しています。

最近、モニターのブルーライトで目が痛くなることが多くなってきました。

 

そんな時、近所のショッピングモールに『JINS』が新装オープンしたのでブルーライトカットレンズを作りに行ってきました。

 

★公式サイト

 JINS公式ページ

 

目次】(クリックで目的の見出しにジャンプします)

 

スポンサーリンク

 

目に悪いとされる「ブルーライト」とは

ブルーライトとは

 

 ブルーライトとは?

紫外線級の力を 持ったブルーライト

日常的に浴びる光の中でもブルーライトは紫外線級に強い光。

身体への影響が懸念されます。

ブルーライトとはパソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイから発せられる強力な青色光のことを指します。

紫外線と波長が近い380~500ナノメートルの光で、可視光線※の中でも非常にエネルギーが高く、網膜にまで到達するほど。

JINS 公式ページより

 

ブルーライトを発することで有名なのはパソコンやスマホ、テレビの画面ですが、実はLED電球もブルーライトを発しています。

 

本当に私たちの周りはブルーライトだらけです。

そりゃ目が痛くなるわけです。

 

特に今の子供たちは、私たちの時代とは比べ物にならないほどデジタル機器に触れるでしょうから、子供用のブルーライトカットメガネ(PCメガネ)も作っておきたいところです。

 

私の子供はまだ小さいので作っていませんが、学校に通うようになったらPC授業の時だけでもPCメガネをかけてもらうようにします。

PCメガネ「JINS SCREEN」を作ってきた

「JINS SCREEN」を作ってきた

 

冒頭でも言ったように、近所のJINSで、ブルーライトをカットできるメガネ、「JINS SCREEN」を作ってきました。

 

★「JINS SCREEN」の作成手順

  1. 店舗に並んでいるフレームの中で、自分の好きなものを選びます。
  2. フレームを選んだら店員さんに、「このフレームでブルーライトカットメガネ(JINS SCREEN) を作ってください」とお願いします。
  3. 後は顔にフィットするように、フレームやレンズの調整をして終わりです。

JINS SCREENはどのフレームからでも作ることが出来るので、自分好みのフレームを選ぶことが出来ます。

 

私が行ったJINSの店舗はスタッフが全員女性で、とても話しやすかったです。

 

スポンサーリンク

 

私が選んだメガネフレーム

私が選んだメガネフレーム

 

JINSにあるたくさんのメガネフレームをいくつか試着したなかで、最も気に入ったものが「非常に軽いフレーム」のメガネでした。

 

手に持った感じが、とにかく軽いのです。

 

かけていることを忘れてしまうほど軽くて、頭が締めつけられることは一切ありませんでした。

 

もうこのフレームを試着した瞬間に、「これが欲しい!」と決めていました。

 

ちなみに値段は8千円ほどです。

 

もっと安いものもありましたが、メガネは毎日使うものですから自分の納得のいくものを選びました。

JINSの保証

★JINSの保証 (6ヶ月以内)

  メガネの度数の変更

  フレームの調整

 

が合わせて2回まで可能です。

 

この保証は実に素晴らしいと思います。

 

というのも、店舗で「このメガネがいい!」と思っていても、実際にしばらく使っていると気になるところも出てきますから。

実際に「JINS SCREEN」を使用してみて

実際にJINS SCREENをかけてみてから2ヶ月ほどが経過しました。

目は明らかに疲れにくくなっています。

2段階でブルーライトのカット度合いを選べる

JINS SCREENは2段階でブルーライトのカット度合いを選べます。

わかりやすいように、「弱」と「強」としておきます。

 

私が選んだのは「弱」のほうです。

 

ブルーライトカット「弱」 でも、モニターからのブルーライト光がだいぶ軽減されます。

 

しかもレンズの見た目自体は透明レンズで、色付きレンズではないので職場でも安心してかけることができます。

 

逆に、ブルーライトカット「強」 の方はレンズに黄色っぽい色が付いています。

もちろん、より強力にブルーライトをカットしてくれますが、色つきレンズはイヤだったので選びませんでした。

 

実際、「弱」でも十分です。

 

「強」もお店で試してみたのですが、私はかけていて視界が暗く感じました。

終わりに

ブルーライトカットメガネをかけてから、目の疲れやすさがだいぶ軽減されました。

 

もし毎日のPC作業で、目が重たい方はぜひ試してみてください。

★公式サイト

 JINS