がっさいごっそい

主にパソコン、ガジェット、インターネット、PC周辺機器について書いています

なぜ私たちの慢性前立腺炎は治らないのか?完治までにしたこと(運動など)。治ったからこそ感じたこと。

なぜ私たちの慢性前立腺炎は治らないのか

 

現在、ほぼ慢性前立腺炎が完治といっていい状態です。

 

完治の定義は難しいですが、自分的に健康だった頃と変わらなく過ごせているので、完治だと思っています。

 

ここまでたくさんのトライをしてきました。

  • 高橋クリニックへ行ったり
  • 青汁飲んだり
  • 自費で漢方を試したり

試行錯誤の連続。

 

 

症状は、強烈な痛み(下腹部を中心に)と、排尿の勢いが弱いことでした。

 

 

スポンサーリンク

 

改善のきっかけ

今まで、セルニルトンやエブランチルがダメで、今回改善したのは、自分にぴったり合った改善方法を実践できたからだと思います。

 

 

私は、慢性前立腺炎の原因は細菌によるものだと確信しています。

そのための治療ができました。

 

今回良くなったことで、改めて細菌のせいだったんだと強く感じています。

運動はスクワット

改善のために行ったことは、2つだけです。

まずは運動。

 

 

運動は、血流改善をとにかく意識していました。

前立腺の血流が悪くなると、細菌を倒せないだけでなく、新たな細菌が増えていきます。

 

歯周病のイメージです。

 

 

具体的に行った動作は、大便を切るときの動作(肛門の開閉)を繰り返していました。

電車の中、信号待ちの時など数多くです。

 

 

これは、いぼ痔改善のための有名な運動です。

 

直感的に慢性前立腺炎にも効果あるかもと、取り入れてみました。

 

 

この動作が素晴らしいのは、血流改善だけでなく、前立腺強化にも威力を発揮するところです。

 

注意点としては、お尻の両側には力を入れず、ひたすら肛門のみを開閉することです。

 

後はスクワットも繰り返し行っていました。

はちみつ

そして、運動と同時にはちみつも摂りはじめました。

殺菌作用の高いマヌカハニーです。

 

マヌカハニーにはUMFという、一般のはちみつには無い天然の消毒剤成分が含まれています。

徐々に改善してくる

だんだん排尿に勢いが出てくる

 

慢性前立腺炎が改善してきたのは、上記のことを始めてから3週目辺りです。

 

 

まず感じたのは、排尿の勢いの変化でした。 

朝トイレで用を足した時に、突然尿道の広がりを感じられたんです。

 

それまでは、尿が無理やり狭い場所を通っている感じだったので、久しぶりに感じられた健康だった時の感覚でした。

 

 

それからは、階段的(かいだんてき)に良くなっていきました。

 

階段的と言うのは、一気に良くなるときと、しばらく停滞する時を繰り返すかんじです。

 

停滞している時の症状も、その時点で良くなりつつあったので、痛みもあまりなく、排尿の勢いも60%ほどは戻っていたと思います。

 

 

そして今現在ですが、排尿の勢いも強く、痛みもありません。

 

 

結果的に、前立腺の血流改善だったり、はちみつで免疫力を上げられたんだと思います。

 

 

現在も、下記のマヌカハニーをお湯に溶かして飲んでいます。

当然甘いので、少量ずつですが。

 

私には劇的に効果ありましたが、他の人へも効くのかはわかりません。

 

なぜ私たちの慢性前立腺炎はいつまでも治らないのか?

ここからは慢性前立腺炎について、私なりの考察です。

 

私が慢性前立腺炎に罹患したのは、ストレスを強く受けている時でした。

 

 

その当時目の違和感に悩まされており、「絶対に深刻な病気だ」と執拗に目を気にしていたんです。

 

さっさと病院へ行けば良かったものを、怖くて行けずに、ただ毎日目を気にしていたので視力も下がりまくり。

 

 

結果何ともなかったのですが、この時に慢性前立腺炎の症状が出始めたんです。

毎日相当なストレスを感じていたので、免疫力がかなり下がっていたんだと思います。

 

免疫力低下で、普段なら倒せる細菌が繁殖してしまったんでしょう。

 

 

本当にバカみたいな話です。

完全に自爆ですから。

 

 

そして、いったん慢性前立腺炎に罹患すると、なかなか治りません。

それは前立腺の場所が大きく関係していると思っています。

 

前立腺は薬剤が届きにくい所に位置しているので、抗生物質が効きにくいんでしょう。

 

スポンサーリンク

 

苦しめられてきた排尿の勢い低下

私が苦しめられてきた症状は、下腹部から下半身にかけて刺すような痛みと、排尿の勢いが弱いことでした。

 

 

特に「排尿の勢い低下」、これが本当つらかった。

何度も続く、異常なし

しかし、明らかに排尿の勢いが弱いのに、検査では何も原因を見つけられません。

何度も「異常なし」です。

 

慢性前立腺炎治療でおなじみの高橋クリニックにも行きました。

 

高橋クリニック

 

高橋クリニックでは、最初の診察で手術をお願いしました。

 

もうセルニルトンやエブランチルは他の病院で散々処方されており、飲む意味が全くないと考えてのことです。

 

しかし手術によって多少は改善したものの、すぐ元に戻ってしまいました。

 

 

高橋クリニック「膀胱頚部硬化症手術」体験記|慢性前立腺炎手術の感想。排尿、痛みは改善したのか?

 

 

スポンサーリンク

 

他人の改善方法を片っ端からためす

改善方法を片っ端からためす

 

再び症状が悪化してからは、医者に行くのは完全にストップ。

そして、本やネットで調べた改善方法を可能な限り実践しました。

多少改善したもの

青汁やどくだみ茶、ブロッコリーなど、良いと言われるものは数多く試しました。

 

その中でよかったのが、下記の2つです。

  • 大豆イソフラボン
  • びわの葉温灸

 

大幅改善はしませんでしたが、セルニルトンなどよりは効果を感じました。

 

特に、びわの葉温灸は痛みを取り去ってくれます。

 

しかし排尿の勢いは弱いままだったので、いつの間にかやらなくなってしまいました。

終わりに

今現在も、シンプルに運動とはちみつ を続けています。

 

体調がいいのって本当に大事だなと。

以前までは、掃除するのさえ一苦労でしたから。

 

今は、ネガティブな感情に引っ張られず、趣味や家族との時間を楽しめています。