がっさいごっそい

主にパソコン、ガジェット、インターネット、PC周辺機器について書いています

硬くないワンタフトブラシ(ライオン)。歯ぐきが痛くならない&奥歯も磨きやすくおすすめ!

ライオン・ワンタフト

ライオン『ワンタフト歯ブラシ』狭いところもラクラク磨ける!

 

今までワンタフトブラシをよく購入していたんですが、どれも毛が硬すぎました。

 

歯茎が痛くなって、すぐ使用中止。

 

そんな時、ライオンのワンタフトブラシを使ってみたんですが、これがとても良かったんです。

おすすめはMサイズのワンタフトブラシ

ライオンのワンタフトブラシには3つのサイズがあるのですが、私は『Mサイズ』がお気に入りです。

 

と言うより、Mサイズしか使っていません。

 

毛の長さ、硬さがちょうど良く、細かいところもラクに磨けるんです。

 

目次】(クリックで目的の見出しにジャンプします)
スポンサーリンク

 

ワンタフトブラシとは?

▼ワンタフトブラシとは、下記の形状の歯ブラシのことです。

f:id:rimutsutaka:20171017055455j:plain

 

「普通の歯ブラシでは磨きにくい部分」を楽に磨けるんです。

 

私は、上記写真のMサイズを愛用しています。

 

【S】サイズだと柔らかすぎるし、【Systema】サイズは使い方がよくわかりません。

ライオン EXワンタフト歯ブラシ(onetuft) の優れているところ

他の会社からもワンタフトブラシは発売されています。

 

私も購入したことがあるんですが、どの会社のワンタフトブラシも毛が硬くて、歯茎が痛くなってしまうんです。

 

その点、ライオンのワンタフト歯ブラシは毛の硬さがちょうど良く、全く痛くありません。

 

「ここも磨いてみよう!」と、いつまでも磨いていたくなるほどです。 

奥歯の間もらくらく磨ける!

なんと言っても、このワンタフト歯ブラシが活躍するのは、奥歯の間です。

普通の歯ブラシでは、まずきれいに磨けません。

 

しかしライオンのワンタフトブラシなら全く痛みなく磨けます。

 

 

奥歯が銀歯の人って多いですし、私も1本そうですが、みっともないんですよね。

これ以上を銀歯を増やさないためにも、しっかり磨いています。

 

スポンサーリンク

 

前歯の裏や奥歯の歯面もワンタフト歯ブラシで磨こう

他にも、普通の歯ブラシでは磨きづらい「上前歯の裏」や「奥歯の表面」も、ワンタフトブラシ で磨いています。

 

ピンポイントで歯の「溝」を磨けるので重宝しています。

歯医者の定期メンテナンスでもほめられる

私は、2ヶ月に1度、歯医者さんで定期メンテナンスを受けているんですが、

「よく磨けてますね!」

と歯科衛生士の方がほめてくれます。

 

 

特に「本来、奥歯のこの部分は磨き残しが多いんですが、きちんと磨けていますよ」と、狭い場所もしっかり磨けているようです。

ライオン・ワンタフト歯ブラシはどこで買える?

ライオンのワンタフト歯ブラシは、「歯科医院か通販」でしか買えません。

通販は、Amazonよりも楽天市場の方が安く、充実しています。

 

▼のお店では3本セットではなく、1本から購入することができるので重宝しています。

まとめ:ワンタフトブラシっていいよ!

私のように、今まで満足できるワンタフト歯ブラシに出会えなかった人は、ライオンのワンタフトブラシを試してみてください。

 

硬さがなく、しっかり磨けるので歯磨きライフが楽しくなります!