がっさいごっそい

PC周辺機器メーカー勤務。主にパソコン、ガジェット、インターネット、PC周辺機器について書いています

【大爆笑エッセイ】Kindleで'絶対'に読みたいおすすめ本はこれだ!【まとめ】

スポンサーリンク

大爆笑できる本

病院の待ち時間や、電車の移動時間で暇していませんか?

この待ち時間を、ぼーっと過ごしてしまうのは非常にもったいないです。

 

私は、この待ち時間に大爆笑できる本を読んでいます。

お腹の底から笑える本を読むことで、自然とポジティブになれるんです。

原田宗典。文字だけで笑わせる天才

原田宗典さんのエッセイは本当に大笑いできます。

原田さんは小説家ですが、エッセイストとしても大変有名です。

 

たくさんのエッセイを出版していますが、今回はその中でも絶対に大爆笑できる本を紹介します。

1. 十七歳だった! (原田宗典)

f:id:rimutsutaka:20170904205545j:plain

17歳。楽しくてムチャムチャ充実している一方で不満だらけ。

・自意識過剰で、恥しくってキュートな愛すべき時代。

・身悶えしながら書いた恋文で呼び出し、川原での早朝デート。

・下半身の“暴れん坊将軍”に苦しめられ、深夜の自動販売機で決行するエッチ本購入作戦。

思い出すたび胸の奥が甘く疼く、ハラダ君の愉快でウツクシイ高校青春記。

原田さんの文章は、ダイレクトに情景が浮かんできます。

気がついたら「あっ、映像じゃなくて”文章”を読んでいたのか!」とびっくりするほど。

 

「十七歳だった!」は、原田さんの高校時代を振り返ったエッセイなのですが、彼独特の言い回しがすばらしく、言葉のもつ可能性を感じさせてくれます。

 

 

私は常々、伊集院光さんの言葉のチョイスや言い回しは誰にも真似できない芸術だと思っているんですが、原田宗典さんも負けていません。

 

 

どのエピソードも読者の心を高校時代へと引き戻し、懐かしさ甘酸っぱさを全身に感じさせます、それも大笑いさせながら。

 

 

 

とても今から20年前の作品とは思えません。

普遍的な笑いなんだと思います。

 

ユーモアってこういうことを言うんだなと。

 

 

会社でも、日常でも「文章を書く機会」がある人は「文章構成」の面でも非常に参考になります。

2. スバラ式世界 (原田宗典)

f:id:rimutsutaka:20170904205728j:plain

ああっ、ボクはこんなに注目されちゃってるぅ!超自意識過剰人にして、大胆不敵な小心者のハラダ君が、極度の緊張のあまり、ドツボにはまっていくヒサンなお話の数々。

初めてのデートで。高級ホテルで。床屋から始まって歯科、皮膚科、眼科、人間ドックをめぐる世にも涼しい医者大験。

何でもないフツーの日々を、ちょっと痛くて、怖くて、笑える非日常へ誘うエッセイ集。

こちらも原田宗典さんの作品です。

 

「十七歳だった!」が高校時代の事を書いているのに対し、「スバラ式」は大学生の時の話や社会人になってからの話がメインです。

 

 

こちらも圧倒的なセンスで、笑いっぱなしにさせてくれます。

 

原田さんの初期作品である、「十七歳だった!」「スバラ式」は、神がかっています。

 

 

ミスチルやB'Zなど、アーティストにも初期作品に名曲が多いですが、原田さんの初期作品も才能が爆発しています。

3. オンリー・ミー 私だけを (三谷幸喜)

f:id:rimutsutaka:20170904205816j:plain

 

今から20年前の、三谷幸喜初エッセイです。

 

このような、ひと昔前に書かれた「素晴らしい本」を読んでいると、人間は進歩しているのか分からなくなります。

 

今の時代に、これだけ面白いエッセイを書ける人がいるとは思えないからです。

 

 

「エッセイ」って普遍的なんです。

古くなることがありません。

 

 

伏線の張り方や随所にあふれ出るセンスなど、若かりし頃の三谷さんに触れたい方はぜひ読んでみてください。

1番の「おすすめ」は?

私のおすすめはなんと言っても原田宗典さんです。

特に「十七歳だった!」は原田宗典史上「最高傑作」だと思います。

 

人は、「文章でここまで笑わせられるのか!」と衝撃を受けた作品でした。

【おまけ】外での待ち時間は電子書籍のKindle が便利

f:id:rimutsutaka:20171205014052j:plain

 

ここからは、Kindleの素晴らしさについて語ってみます。

あまりにも良くて、ぜひ皆さんにも使ってみてほしいんです。

 

「Kindle」には本を読む概念を変えるだけの力があります。

 

普通の液晶とは画面が全然違います。

まさに「紙の本」を読んでいるような感覚です。

 

 

「まだ電車来ないなー」

「約束の時間までちょっとあるなー」

なんていう時にKindle は最適なんです!

Kindleとは?

Kindleとは、Amazonの電子書籍サービスです。

しかも、Amazonプライム会員なら、Kindle本体が4,000円引きで買えちゃいます。

400円じゃなく、4,000円引きですから本当にお得です。

Amazonプライム会員特設ページ

スマホでもKindle本が読める

Kindleアプリをインストールすれば、スマホでお手軽にKindle本が読めます。

エッセイや漫画など、その時の気分で選べます。

 

Kindle
Kindle
開発元:AMZN Mobile LLC
無料 

Kindle Unlimited

Kindleでは「Kindle Unlimited」という読み放題サービスもやっています。

 

30日間の無料体験もあり、 無料期間中に退会すれば料金も一切かかりません。

INDEX】(クリックで目的の見出しにジャンプします)