がっさいごっそい

気になるあれこれについて紹介していきます!

なぜ、掃除習慣が身についたのか。すべて話します【おすすめ掃除用具】

おすすめ掃除用具

追記: 2017年8月11日

私は昨年の1月まで、部屋の掃除を全くしませんでした。

しかし喉の調子がだんだん悪くなってきて、これはまずいぞと感じ始めたんです。

もう掃除をするしかなくなったわけです。

断捨離の掃除本を読んで気分を高める

しかし何をどうしたら良いか分からない。背中を押してもらうためにも掃除の断捨離本を読むことにしました。

読んだのは、「ガラクタ捨てれば自分が見える」という有名な本です。

この本はカレン・キングストンの掃除本なんですけど、あれだけ掃除をしてこなかった自分が掃除をしたくなるんだから、ホント凄い本です。

自分に響いた言葉は、

  • 不用品を持っていると、それを見ただけで疲れを感じてしまい、何もする気が起きなくなってしまう。
  • 持っている不用品のせいで、強制的に過去に縛り付けられている。
  • 不用品のせいで本当に大切なことに思考が行かず、無意味な毎日を過ごしてしまう

上記の3つです。

掃除道具を購入する

最初は、掃除道具の購入から始めました。掃除道具を選んでいるとなぜだかテンションが上がってきます。

そして、以下の掃除道具を買うことに決めました。

  1. コードレス掃除機
  2. フローリングワイパー
  3. マイクロファイバークロス

コードレス掃除機なら、「掃除をしたい」と思った瞬間にパパッと掃除が出来るので、絶対に欲しい。

今まではいわゆる普通の掃除機だったので、「コードを引っ張り出し、コンセントに差す」、と言うのが非常に面倒でした。

コードレスクリーナーを使って分かったことですが、コードがないだけでこんなにも掃除をする頻度を上がるのかとびっくりしています。

心理的に掃除への壁が無くなります。

しかも捨てるときにゴミが舞うことがない紙パック式が良い。

私が購入したのはこれです。

マキタ 充電式クリーナ バッテリー・充電器付 CL107FDSHW

次にフローリングワイパーです。これも絶対に欲しい。

気軽に床を拭くことが出来るし、雑巾がけと違って腰を痛めることもない。

初心者なので、フローリングワイーパーの王道である「クイックルワイパー」を購入しました。

クイックルワイパー フロア用掃除道具 本体+2種類シートセット

いざ、掃除開始

まずは掃除機をかけるために、床に置いてあるものを片づます。

自分を変えるためにも、多少「もったいないかな」と思う物でも鉄の意志でゴミ袋に放り込みました。

もったいないと思っていた物も、いざ捨ててしまえばどうという事はなかったです。

これは発見でした。

そしてある程度、床が見えてきたので、早速コードレス掃除機を使ってみることに。

コードレス掃除機ってめっちゃ便利!

今までの「キャニスター型の掃除機」とは大違い。電気のコード引っ張りだす必要が無いし、コードが家具に引っかかることもない。

そして、このマキタのコードレスクリーナーは安いのにゴミを吸いこむパワーも強力で、大満足でした。

「ほこりを吸いたい」と思った瞬間に使えるので、ずぼらな自分にはぴったりでした。

バッテリーも長持ちなので、家のあちこちを掃除しています。

クイックルワイパーの効果は

ほこりやゴミをコードレス掃除機で吸った後は、クイックルワイパーで床を丁寧に拭いていきます。

拭いた後は床のザラザラが無くなり、つるつるして気持ち良いです。

ホント凄い!「マイクロファイバークロス」で油汚れが簡単に落ちた

そして、驚いたのがマイクロファイバークロスの力です。

今まで、油汚れはウェットティッシュで落としていたのですが、こびりついた油汚れはなかなか落ちませんでした。

仕方ないので熱湯をかけて落としていましたが、手間が増えるし大変でした。

しかし、マイクロファイバークロスを使ってびっくり。

油汚れが落ちまくる。

水に濡らしたマイクロファイバークロスを良く絞り、油汚れをこするだけで、びっくするぐらい油汚れが落ちる。

食器が油でべとべとになった場合も、マイクロファイバークロスが大活躍です。

あらかじめ油でべとついている食器をマイクロファイバークロスで拭いておき、その後に普通に食器を洗えばすっきりぴかぴかになります。

掃除: まとめ

掃除にはまりだしてから1年になり、他の掃除道具も欲しくなってきました。

喉の調子も良くなり、「2度と痛めないぞ」と定期的に掃除が出来ています。

特に今欲しいのがお掃除ロボットです。

お掃除ロボットがあったら、どんな毎日が待っているのだろうか。想像すると楽しい。

追記:ついに念願叶って拭き掃除ロボットの「ブラーバ」を買う事が出来ました!