がっさいごっそい

PC周辺機器メーカー勤務。主にガジェット・インターネット・PC周辺機器について書いています

かんたんに身につく!私が掃除習慣を身につけたコツを全部書きます【おすすめ掃除道具】

スポンサーリンク

おすすめ掃除用具

最終更新日: 2017年9月8日

私は昨年の1月まで、全くと言っていいほど部屋の掃除をしてきませんでした。

しかし喉の調子が悪くなってきて、これはいよいよ「まずいぞ」と追い込まれました。

 

今回は汚部屋住人だった私が、どうやって掃除習慣を身につけたのか話していきます。

掃除を習慣化するコツ

掃除を習慣化するコツは、掃除への心理的ハードルを下げることです。

 

人間、動き出してしまえばやる気は勝手に出てきます。

とは言っても、動き始めるまでが大変。

 

今回おすすめする掃除道具の中でも、コードレスクリーナーはホントおすすめです。

 

まず掃除することへの心理的ハードルをかなり下げてくれます。

・子供が食べ物をこぼしたとき。

・床にほこりを見つけたとき。

・急な来客があるとき。

 

コードレスクリーナは、パッと手にとって1秒後には吸いはじめています。

階段もスイスイ、狭い場所もラクラク。

 コードがないだけで、心理的ハードルはかなり下がります。

www.suida-log.com

 

断捨離の掃除本を読んで掃除の極意を知る

私は最初、掃除を始めようにも、まず何からしたらいいのかすらわかっていませんでした。

そこでまずは、背中を押してもらうために断捨離本を読むことにしました。

 

断捨離とは、物を捨てまくることです。

読んだのは、「ガラクタ捨てれば自分が見える」という有名な本です。

 

そしてこの本がすごかった!!

読んだら絶対に掃除したくなることうけあいです。

それだけの力がこの本にはあります。

(この本には続編が出ているのですが、続編は読まなくて大丈夫です。

この本だけでじゅうぶん掃除したくなります。)

 

とにかく目からウロコの考え方がこれでもかと出てきます。

中でも自分に響いた言葉をあげると、

  • 不用品を持っていると、それを見ただけで疲れてしまい何もする気が起きなくなる
  • 持っている不用品のせいで、強制的に過去に縛り付けられる。
  • 不用品のせいで本当に大切なことに思考が行かず、無意味な毎日を過ごしてしまう

などなど。

その他にも、生き方をシンプルにする考え方も満載です。

 

この本が出版されたのが2002年。

すぐさま大反響を巻き起こしました。

 

そして文庫版として2013年に「新 ガラクタを捨てれば自分が見える」として再登場しました。

 内容は2002年版と一緒かつ、プラスアルファが加えられています。

 

まだ読んだことのない方は、ぜひ。

Amazonで新ガラクタ捨てれば自分が見える (小学館文庫)を見てみる

掃除道具を手に入れる

最初は、掃除道具の購入から始めました。

掃除道具を選んでいるとテンションが上がります。

 

そして、以下の掃除道具を買いました。

  1. コードレス掃除機
  2. フローリングワイパー
  3. マイクロファイバークロス

コードレス掃除機は絶対に手に入れよう

コードレス掃除機は「掃除をしたい」と思った瞬間に使えるので習慣化には必須です。

 

今まで使っていたのは、キャニスター型掃除機だったので、

「いちいちコードを引っ張ってきて、コンセントに差す」

というのが面倒で、なかなか掃除する気になれませんでした。

 

その点、コードレスクリーナーは違います。

「やるぞ!」なんて気合を入れる必要もなく、ゴミを見つけた瞬間にスイッチを入れて吸い込むだけ。

 

はっきり言って、もうコードのある掃除機なんて使いたくありません。

それほどコードレスは便利すぎました。

掃除への面倒くさい気持ちが無くなります。

 

私が使用しているマキタは、先端にLEDライトもついているので、暗いとこの掃除もらくらくです。

また、8000円ほどと低価格なのもうれしい。

個人的には、実家で使っているダイソンに負けていないと思う。

 

 

完全に床をきれいにするのに必須なフローリングワイパー

f:id:rimutsutaka:20171012070648j:plain

クイックルワイパー・立体吸着ウエット

次にフローリングワイパー。

これも必要です。

 

コードレスクリーナーでゴミを吸い取ったあと、床を徹底的に拭く。

これで、床はピカピカです。

 

クイックルワイパーは本体はもちろん、立体吸着ウエットシートが素晴らしすぎます。

取れる髪の毛やほこりの量が違います。

掃除の手順

いよいよ実際に掃除に入ります。

まずは掃除機をかけるため、床に置いてあるものを片付けていきます。

 

カレン本にあるように、「目にしてやる気を奪っていくもの」はどんどん捨てていきます。

もったいないなと思った物でも、いざ捨ててしまえばどうという事はありません。

 

そしてたまった不用品は、フリーマーケットサイトのメルカリで売ってしまえばお小遣いになります。

下記のリンクからインストールできます。

 

フリマアプリ「メルカリ」オークションよりかんたん
フリマアプリ「メルカリ」オークションより簡単
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

メルカリの無料アプリをインストールしておけば、不用品を売って収入を得る事ができます。

 とりあえず、インストールだけでもしておくのが良いです。

床が見えてきたら、掃除機をかける

そしてある程度、床が見えてきたら掃除機をかけます。

 

コードレスクリーナーだと、少し片付けては掃除機をかけて、また少し片付けて、とこまめに掃除できます。

 

今までのキャニスター型の掃除機と違って、家具にコードが引っかかることもありません。

このマキタの8,000円のコードレスクリーナーは、ゴミを吸いこむパワーも強力。

 

「ほこりを吸いたい」と思った瞬間に使えるので、ストレスがたまることがない。

バッテリーも長持ちなので、家のあちこちを掃除できます。

クイックルワイパーの効果は?

掃除機をかけた後は、クイックルワイパーで床を丁寧に拭いていきます。

クイックルした後は、ホント床がつるつるになります。

 

 

ホント凄い!油汚れには「マイクロファイバークロス」

そして、驚いたのがマイクロファイバークロスの力です。

 

今まで、油汚れはウェットティッシュで落としていたのですが、こびりついた油汚れはなかなか落ちませんでした。

仕方ないので熱湯をかけて落としてましたが、手間が増えるし大変でした。

 

しかし、マイクロファイバークロスを使ってびっくり。

油汚れが落ちる落ちる。

 

コツは、水に濡らしたマイクロファイバークロスを良く絞ること。

そして、油汚れをこする。

それだけで、びっくするぐらい油汚れが落ちる。

 

油で、食器がべとべとになった場合も、マイクロファイバークロスが大活躍です。

あらかじめ油でべとついている食器をマイクロファイバークロスで拭き、その後に食器を洗えばすっきりぴかぴかになります。

 

終わりに

掃除にはまりだしてからもう1年。

喉の調子も良くなり、定期的に掃除が出来ています。

 

いろいろ紹介してきましたが、なんと言ってもコードレスクリーナが一番のおすすめです。

 

ホント、掃除への心理的ハードルを、ぶっ壊してくれます。

Amazonで マキタ充電式クリーナ CL141FDZWを見てみる