がっさいごっそい

主にパソコン、ガジェット、インターネット、PC周辺機器について書いています

【意外な作品も?】横山光輝の”絶対”おすすめできる歴史漫画をまとめた【日本史・中国史】

絶対に読みたい横山光輝「歴史漫画」

 

 

私は小学生の頃に「三国志」にどハマリしました。

歴史漫画ながら非常におもしろいんです。

 

 

そんな三国志の作者である「横山光輝」ですが、彼は「中国史」だけではなく、「日本史」も描いています。

 

今回は、私が夢中になった、横山光輝おすすめ「歴史漫画」をまとめてみました。

 

目次】(クリックで目的の見出しにジャンプします)
スポンサーリンク

 

【中国史編】おすすめ横山光輝「歴史漫画」

三国志

三国志

 

私の1番のおすすめです。

小学生の時、図書室に「三国志」が全60巻中、前半の30巻ほどあり、皆夢中で読んでいました。

 

今考えれば、小学生が「歴史漫画に夢中」になるなんて、なかなか凄い話ですが、ひとえに横山光輝の力でしょう。

 

単純に話として おもしろい のです。

 

 

蜀を中心に描かれており、「関羽」や「張飛」、知将の「諸葛亮」など魅力的な人物がたくさん登場します。

 

「戦闘シーン」や「かけ引き」など魅力的な話ばかりなので、やみつきになります。

史記

史記

 

史記です。

「史記」は、偉大な歴史家「司馬遷」の生涯を描いた漫画です。

 

司馬遷といえば「宮刑」です。

武帝の怒りにふれ、宮刑 (アソコを切断) になってしまいます。

 

 

しかし、この悲劇の後から司馬遷は「歴史書」の執筆を開始し、10年かけて全130巻の大作を書き上げます。

 

司馬遷の壮絶な人生を追った「史記」は読み応え十分です。

スポンサーリンク

 

水滸伝

水滸伝

 

「水滸伝」も小学生時代、夢中になって読みました。

 

ストーリーは、蹴鞠(けまり)が得意な男が、皇帝に気に入られ「軍部最高責任者」になるところからはじまります。

 

 

しかし軍部の武術師範・王進は、その男がチンピラだったことを知っていました。

なぜチンピラ男が軍部最高司令官になっているんだ?

 

王進は狂った政治に呆然としながら、いずれ「その男の過去を知っている自分は消される」と危機感を覚え、逃亡を試みます。

 

 

水滸伝」は中国の大作伝記ものです。

西遊記などと並んで、最高傑作との呼び声も高い作品です。

 

 

いろいろな武将たちが、大活躍するんです。

オムニバス形式で描かれているため、非常に読みやすいのが特徴です。

 

 

元々超大作なんですが、それを横山光輝が「素晴らしくコンパクト」にまとめています。

横山光輝の「才能」を存分に堪能できる作品です。

【日本史編】おすすめ横山光輝「歴史漫画」

徳川家康

徳川家康

 

山岡荘八の「小説」を横山光輝が漫画化しました。

原作は大ボリュームなんですが、横山光輝が全8巻に魅力を濃縮しています。

 

徳川家康は「有名」すぎますが、私は彼の生涯を詳しく知りませんでした。

 

 

しかしそこは「横山光輝」

 

読むのが「げんなりする」ほどの大ボリューム原作を、しっかり「魅力的な作品」へ仕上げています。

武田信玄

武田信玄

 

武田信玄です。

 

武田信玄は「非常に頭が良かった」と言われています。

「戦」への臨み方、戦略をどう立てていったのか?

 

 

本作は、新田次郎の原作を横山光輝がいきいきと描きました。

新田次郎の原作は1949年に「吉川英治文学賞」を受賞している名作です。

 

 

圧倒的な取材力で知られている新田の「史実によりそった原作」が、横山漫画で読めます。

 

「武田信玄をよく知らない」という方は、1度読んでみるとぐいぐい引き込まれます。

元禄御畳奉行の日記

元禄御畳奉行の日記

 

「元禄御畳奉行の日記」です。

元禄武士の日常を描いた作品です。

 

元々の話は尾張の藩士「朝日文左衛門」が書き残した「鸚鵡籠中記」という作品でした。

 

 

「武士の日常」は、なかなか伝わっていなかったので、非常に貴重な史料です。

 

 

そして、「鸚鵡籠中記」を小説家の神坂次郎が解説した本が「元禄御畳奉行の日記 尾張藩士の見た浮世」です。

 

この「元禄御畳奉行の日記 尾張藩士の見た浮世」は大人気となりました。

 

 

そして、この原作を横山光輝が漫画化したのです。 

経緯を知ってるだけでわくわくします。

 

 

「元禄武士」はどんな毎日を送っていたのか?

尊敬できるのか? それとも?

豊臣秀吉

豊臣秀吉

 

豊臣秀吉です。

こちらは山岡荘八の「原作」を横山光輝が漫画化したものです。

 

織田信長へ仕えたエピソードや、竹中半兵衛との関係など「あぁ、こういうことだったのか」と、なんとなく知っていた話を深く理解することができます。

 

 

豊臣秀吉の「立ち回りのうまさ」は、現代の自分たちにも非常に参考になります。

まとめ:横山光輝 歴史漫画

横山光輝の漫画は「硬い歴史」を「最高の読み物」へと変化させます。

 

横山光輝は、「話の本筋」を描くのが非常にうまい漫画家だと思います。

 

INDEX】(クリックで目的の見出しにジャンプします)