がっさいごっそい

・夫婦で執筆中 夫:18歳から慢性前立腺炎を患い、強烈な痛み、排尿の勢いの弱さに悩まされる。 なんとか痛みもなくし、排尿の勢いも取り戻したが、いつまた症状がぶり返すのかとおびえる毎日。 妻:娘がまだ虫歯になったことがないのが自慢。 (記事:http://www.suida-log.com/entry/clean-tooth)

錦織圭、ズベレフに敗れるも復活の予感を感じさせる。生観戦レポ【ATPワシントン】

f:id:rimutsutaka:20170806152355j:plain

男子プロテニスのATPワシントンの準決勝が先ほど行われました。

錦織圭の相手はズベレフでした。

今年乗りに乗っているズベレフ

ズベレフは今年ジョコビッチを決勝で破ってのローマでの優勝など、絶好等の選手です。

他にもラオニッチやチリッチ、ワウリンカなど強敵をなぎ倒してきています。

身長は2メートル近くあり、その体格から繰り出されるサーブやストロークは力強いの一言。

ズベレフとの対戦で錦織圭の凄さを再認識

対して錦織圭は標準的な日本人の体格です。

テニスにおいて体格差というのは非常に重要な問題です。

柔道のように階級を作っても良いぐらい、ハンデになります

なぜなら足元にボールがあるサッカーと違い、バスケットボールのように上からラケットを振り下ろすからです。

そのようなスポーツで3年以上もトップ10に君臨している錦織圭は、実は日本人として、そしてアジア人として、とてつもない偉業を達成し続けているのです。

ATPワシントン、錦織圭vsズベレフ

そして今日の試合です。

ズベレフは今シーズン素晴らしい成績を残していることもあって、強力なサーブを武器に場を支配していました。

しかし錦織圭も徐々に対応していき、2セット目は互角の戦いに持ち込んでいました。

連日の深夜の試合で「あまり眠れていない」錦織圭でしたが、ズベレフにまったく引けをとっていませんでした。

結局負けてしまいましたが、今後の試合が非常に楽しみになる内容でした。

錦織圭の次の大会は大舞台

錦織圭の次の試合は、グランドスラムに次ぐ大会の『マスターズ1000』のモントリオールです。

どのテニス選手も全力で臨んでくる大会です。もちろんフェデラーやナダルも出場します。

今の錦織圭は非常に良い状態なので、ぜひ見てほしいです。

私はスポナビライブで見ています。

画質も良く、途中で途切れることも無いのでおすすめです。

初めて登録する方は1ヶ月無料なのも良いです(無料期間中に退会すれば料金はかかりません)。

スポナビライブ

モントリオールは来週の月曜日から始まります。