がっさいごっそい

2人の女の子を育てています。夫婦で興味のあることについて書いていきます。

運命のサッカーW杯アジア最終予選【UAEvs日本】注目の海外組の調子はどうなのか

いよいよサッカーW杯アジア最終予選、UAEvs日本が行われる。海外組のそれぞれのリーグでの調子などを記していきたい。

サッカーW杯アジア最終予選UAEvs日本

レスター岡崎慎司

レスターの岡崎慎司は、監督が代わるまではプレミアリーグや欧州チャンピオンズリーグでベンチスタートが続いていた。

しかし、ラニエリ監督からシェークスピア監督に代わってからは、全ての試合で先発出場が続いている。

その先発出場の試合を見て思ったことだが、岡崎慎司がいるとチームが非常に引き締まる。

岡崎慎司の前線からのプレスは、本気で「相手からボールを奪ってやろう」という守備なので、非常に効果がある。

岡崎慎司がいることで、チームの強度が増すことは間違いない。

反面、攻撃に関してだが、パスをワンタッチで味方にうまくつなげられる事もあるが、判断が遅れてボールを奪われてしまう事も多々ある。

ここが以前の監督が、岡崎を先発で起用しなかった理由だろう。しかし、岡崎慎司のドイツ時代のゴールはテクニカルなものも多く、決して彼にテクニックが無いわけではない。

プレミアリーグのディフェンスの仕方に、未だに慣れないのかもしれないが、ぜひ攻撃で輝く岡崎慎司が見たい。

本田圭佑と長友佑都のセリエAコンビ

ミランの本田とインテルの長友は、試合に全くと言っていいほど出ることが出来ず、状況はかなり厳しい。

ふたりがそれぞれのチームでの練習で、どのようなパフォーマンスを見せているのか分からないが、全く出られないほどの出来なのだろうか?

セリエAの試合で輝く、本田と長友が見たい。

ヘント久保裕也

ベルギーリーグに移籍した、ヘントの久保裕也は絶好調だ。連続ゴールを続けており、そのゴール自体も素晴らしいものが多い。

テクニックがある所を見せつけているので、UAE戦のキーマンになるかもしれない。

UAE戦で、久保がどのようなプレーを見せるのかが非常に楽しみだ。

ドルトムント香川真司

最後はドルトムントの香川真司である。

香川真司は、今シーズンのドイツ・ブンデスリーガ、欧州チャンピオンズリーグとなかなか出番がなかったが、ここへきて3試合連続フル出場と監督の信頼を勝ち取ってきた。

なかなか試合に出られない時期が続いたにも関わらず、ここ3試合のパフォーマンスは非常に良い。香川真司の精神的な強さが良く分かる。

香川真司の良い所は、ボールを受けた瞬間にターンをして相手を一瞬でかわす、正確無比なパスを供給する、ところなどが上げられる。

体を見ても明らかに、がっしりしてきたのが分かり、対人プレーにも強くなっている。

最後に: サッカーW杯アジア最終予選UAEvs日本に向けて

今回のサッカーW杯アジア最終予選、UAEvs日本は相手のホームで試合をするので、かなり厳しい戦いになる。

相手との肉弾戦にしっかりと勝利出来るかどうかが、カギになる。

そしてレスターの岡崎慎司とドルトムントの香川真司は、それぞれの所属チームで欧州チャンピオンズリーグのベスト8を戦う。

レスターはスペインリーグのアトレティコ・マドリード、ドルトムントはフランスリーグのモナコと戦う。

こちらの戦いも非常に楽しみだ。日本人選手が2人もベスト8のチームいるのは、大変素晴らしいことだ。

こんな機会はそうそうないだろう。そういった意味でも欧州チャンピオンズリーグは絶対に見逃さないようにしたい。

欧州チャンピオンズリーグはスカパーの欧州サッカーセットで見る事が出来る。以下のリンクからスカパーの詳細を見る事が出来るので、ぜひ確認してみてほしい。

PCの方はこちらから

 

スマホの方はこちらから