がっさいごっそい

PC周辺機器メーカー勤務。主にガジェット・インターネット・PC周辺機器について書いています

【歯列矯正】高校生から始めてみて感じた痛みや感想。そして料金は?【体験談】

スポンサーリンク

歯の矯正

歯並びが整っているだけで、かなり素敵に見えます。

実際、うちの職場でもそういう人がいますがモテています。

 

私も高校生の時に歯列矯正をしたので、今回はその時の体験談を書いていきます。

【目次】(クリックで目的の見出しにジャンプします)

歯列矯正は早ければ早いほどいい

大人になるにつれ、どんどん歯が動かなくなっていくので、できるだけ若いうちに歯列矯正しておいたほうがいいです。

 

「人生で今が1番若い」という言葉もあるとおり、迷ってないでさっさとやってしまいましょう。

歯並びがきれいなだけで、顔の印象が全然変わりますから。

 

スポンサーリンク

 

歯列矯正を高校1年生の冬休みに開始した

私は、歯列矯正を高校1年生の冬休みに開始しました。

どうしても、矯正装置をつけてから最初の1週間は痛みがあるので、長期の休みに開始するのがいいと思ったからです。

 

矯正装置は多少目立ちますが、それを目にしたところでからかわれることもありませんでしたし、至って普通です。

 

私の他にもう一人歯列矯正をしている人がいましたが、その人も普通に学校生活を送っていました。

 

矯正装置をつけての生活もすぐに慣れます。

案ずるより産むが易しです。

歯並びがいいと虫歯も防げる

歯並びがいいと虫歯にもなりにくいです。

私も、歯列矯正後は1度も虫歯になっていません。

 

当然ですよね。

普通に磨いていれば、すべての歯面を磨けるので、磨き残しがありません。

 

歯並びが悪いと、歯の入り組んだ部分など、どうしても磨き残しがでてきます。

社会人になってからでは無理

矯正するなら大学生までがラストチャンスだと思います。

社会人は本当に時間がありませんし、矯正器具をつけたまま仕事をするのも大変です。

矯正器具の痛みは?

矯正器具をつけてから1週間ほど痛みが続きます。

この期間は、普段の食事が摂れないと思っていていいでしょう。

 

なぜなら、上下の歯が少し当たっただけでも痛みが走りますからね。

ただ、人間慣れてきます。

少なくとも10日もすれば、痛みは全くなくなります。

歯列矯正の費用は?

歯列矯正の費用は高いです。

私の場合は60万円ほどでしたが、それでも安いほうでしょう。

 

ただいっぺんに払う必要はなく、分割の月々支払いでOKの所もたくさんあります。

実際私もそうしました。

 

毎月3万円ほどを払うだけでよかったので、金銭的負担は考える必要がありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

矯正器具の種類

歯列矯正の器具にはいくつか種類があります。

その中でも今現在一般的なのが、

  • メタルブラケット
  • インビザライン

です。

 

メタルブラケットは、よくみる金属の矯正装置ですね。

これを、歯の表側・裏側のどちらかにつけます。

私は表側につけましたが、自分の希望や医師の意見をよく聞いて決めてください。

 

そしてインビザラインは、マウスピース型の矯正装置です。

透明素材で目立たず、取り外しもできるので人気があります。

 

どれを選択するかは、メリット・デメリットも含めて歯科医師と入念に話し合ってください。

歯列矯正の期間は?

歯列矯正が終わるまでに、だいたい2年ほどかかります。

 

その間に、毎月歯科医院で定期メンテナンスがあります。

多少ブラケットが緩んだりしてくるので、それを再びきちんとはめてやるわけですね。

歯列矯正して本当によかった!

私は歯列矯正して本当によかったと思っています。

鏡を見たときに、歯列がすっきりそろっているのがいいんですよね。

 

以前は前歯が1本だけ飛び出していたりして、非常にみっともなかったですから。

虫歯にもならなくなりましたし、本当に歯列矯正してから人生が変わりました。