がっさいごっそい

PC周辺機器メーカー勤務。主にガジェット・インターネット・PC周辺機器について書いています

【完全ワイヤレスイヤホン】プロが価格別で’絶対’におすすめできる評判が良いものを選ぶ!【まとめ】

スポンサーリンク

完全ワイヤレスイヤホン

※17年12月11日にAmazonで大規模バーゲンセールを開催しています。

私は職業柄、多くのワイヤレスイヤホンを使ってきました。

 

今回は、イヤホンケーブルが一切ない「完全ワイヤレスイヤホン」を紹介します。

(耳栓のように使えるので、本当に便利です)

 

海外では「トゥルーワイヤレスイヤホン」と呼ばれています。

それでは、価格別に紹介していきます。

 

目次】(クリックで目的の見出しにジャンプします)

おすすめ完全ワイヤレスイヤホン

安いのに音質はしっかり確保してくれる完全ワイヤレスイヤホン

ここから紹介するのは、完全ワイヤレスイヤホンを初めて使うという人におすすめの製品です。

Totemoi ワイヤレスイヤホン (ヘッドセット・マイク内臓)

Totemoi ワイヤレスイヤホン

 

 

Totemiの完全ワイヤレスイヤホンです。

マイク機能もあるので、ヘッドセットとして会話もできます。

 

単体で4時間使用でき、さらに750mAhの充電Boxも付属しており、満充電の充電Box1つで6回もの充電が可能です。

しかも防水仕様ですから、ランニング中の汗や、シャワー時の使用でも問題ありません。

 

操作に関しては、イヤホンの表面だけで、通話、音楽操作など、あらゆることができます。

3,899円(2017.11.18現在) と低価格でありながら、コストパフォーマンスに大変優れています。

POINT

3,000円台で買える高機能製品

充電BOX付き

イヤホン単体で操作できる

SoundPEATS(サウンドピーツ) 完全ワイヤレスイヤホン Q16 (ヘッドセット・マイク内臓)

SoundPEATS(サウンドピーツ) 完全ワイヤレスイヤホン Q16

サウンドピーツの完全ワイヤレスイヤホン『Q16』です。

4,699円と低価格でありながら、音質が大変クリアで音楽を聴いていてストレスを感じません。

 

単体で6時間使用と、日常使いには十分すぎるバッテリー。

 

もちろんヘッドセットとしても使用できます。

運転中やウォーキングでの通話も、イヤホンケーブルがないので、自由自在です。

 

コーデックは英国のメーカー「CSR社」のコーデックを採用しており、高音質&遅延なしです。

POINT

4,699円 (2017.11.18現在)で買える

Bluetooth 4.2&AAC高品質コーデック対応で、高音質

ノイズキャンセリング対応

耳にひっかけるイヤーフック型。運動時の使用にも最適

 

より快適に使用したい人向け

Air Twins 完全ワイヤレスイヤホン (ヘッドセット・マイク内臓)

Air Twins 完全ワイヤレスイヤホン

Air Twinsの完全ワイヤレスイヤホンです。

大容量2800mAhのモバイルバッテリー付き。

3時間の連続再生ができます。

 

丸っこいかわいらしいフォルムが特徴的で、きちんと耳にフィットし使用感も抜群です。

音質もクリアで高音質。

 

もちろんマイク内臓なので、ハンズフリーで通話できます。

POINT

2800mAh の大容量バッテリーが付属

オートペアリング機能

iPhoneなどを充電するための、モバイルバッテリーとしても使える

 

ERATO トゥルーワイヤレスイヤフォン VERSE (ヘッドセット・マイク内臓)

ERATO トゥルーワイヤレスイヤフォン VERSE

ERATO社のトゥルーワイヤレスイヤフォン「VERSE」です。

トゥルーワイヤレスイヤホンとして、世界中で大人気になったApollo7の設計思想を受け継いだ製品です。

 

 

高級オーディオ並みの高音質であり、かつ超小型、超軽量です。

また、防水規格IPX5なので、汗やシャワーなどの水しぶきもへっちゃらです。

 

「初めて使うからこそ、品質の良い完全ワイヤレスイヤホンが欲しい」という方にぴったりの製品です。

POINT

価格の割りに音質が素晴らしい

専用イヤーチップにより、耳の穴に沿って奥まで差し込むことができる

4回の充電を可能にし、最長15時間の音楽再生に対応する大容量充電ケース付属

 

最高品質を求める人への完全ワイヤレスイヤホン

Apple AirPods (ヘッドセット・マイク内臓)

Apple AirPods

AppleのAirPodsの登場により、完全ワイヤレスイヤホンが爆発的に普及しました。

Apple AirPodsは、さすがAppleというだけあって遅延がほとんどありません。

 

もちろん、Bluetooth接続なので、Appleデバイス以外ともつながります。

 

そして、ヘッドセット機能も搭載で通話もできます。

通話に関しても、音声加速度センサー搭載で、周囲の雑音を除去してクリアな音声を相手に届けることができます。

 

低音、高音ともに非常に高いレベルでバランスがよく、「イヤホンの使い方を変える」と宣言しているAppleの凄みを感じ取ることができます。

POINT

Apple製デバイス以外ともつながる!

充電ケース付き。連続再生5時間、充電ケース使用で24時間の連続再生が可能

完全ワイヤレスイヤホンを変えた製品

 

ソニー SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

SONY 完全ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000X

音楽といえば SONY

完全ワイヤレスイヤホンであり、そしてノイズキャンセリング機能もついています。

もちろんヘッドセットとして、通話も可能。

 

ソニーのノイズキャンセリング機能は本当に素晴らしく、ゴゴゴーとけたたましい電車の音すら、しっかりとカットしてくれます。

 

逆に、外での使用を考え、周囲の音を聞くことも可能な「アンビエントサウンド(外音取り込み)」モードも搭載しています。

 

ソニー独自開発の2種類のシリコンゴムを組み合わせたシリコンは、フィット感抜群で、遮音性も高く耳も痛くなりません。

POINT

SONYのノイズキャンセリング機能は他社を圧倒している

音楽を聴きながら、周囲の音も聞こえるモードも搭載

決してずれ落ちず、装着感が素晴らしい、耳が痛くならないシリコンイヤーゴム

終わりに

ケーブルの煩わしさから完全に解放される、完全ワイヤレスイヤホン。

ランニング中でも、移動中でも、何もつけてないかのように体を動かせます。

 

また、どの製品もヘッドセット機能を搭載しているので、会話までできるという優れものです。

ぜひ1度、その便利さを体感してみてください。

 

Index】(見出しをタップするとページ内の目的の場所へジャンプします)