読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

がっさいごっそい

2人の女の子を育てています。夫婦で興味のあることについて書いていきます。

『ゆず』のおすすめアルバム2選を全力紹介。絶対にこれだけは聴いてほしい。【おすすめPVも紹介】

『ゆず』のおすすめアルバム2選

ゆずのおすすめアルバムを、2枚紹介します。

『ゆずマン』

ゆずマン』は良曲がとても多い。

「ところで」はボクの大好きな曲だ。短い曲ながらも切なさと、爽やかさが感じられて何度も聴き返したくなる。

「遊園地」は最後の路上ライブ(1998年)で生で聴き、とても感動した。

第一印象は明るく感じるのだが、切なさも伴っている事が分かる。路上ライブで何とも言えない寂しさに包まれていたのを思い出す。

そして「なにもない」である

この曲はゆず屈指の名曲である。

自分が初めて知ったのは、福山雅治のオールナイトニッポンのエンディングでかかっていたのを聴いてからだ。

福山雅治も「良い曲だね」と非常に興味をもっていた。

切ないながらも、聴いていて非常に心地の良い曲だ。2000年の横浜スタジアムで生で聴けた時はとても感動した。

2000年の伝説の横浜スタジアムのライブは下記のDVDで見る事が出来る。

「~風まかせ~」もスケールの大きい切ない曲だ。昔はオールナイトニッポンの弾き語りのコーナーで良く二人が歌っていた。

ゆずは初期の頃から本当に素晴らしい曲が多い。「~風まかせ~」も壮大で、生で聴くと非常に感動する。

ゆずマンの最後の曲は「シュビドゥバー」

昔はライブの最後での定番の曲となっていた。皆で歌えるし非常に一体感が出る曲だ。この曲も明るい曲調ながら切なさを内包している。

北川さんは、どんな思いで「シュビドゥバー」を作ったのだろうか。

ゆずマン』は今聴いても全く色あせていない。ぜひとも手元に置いておきたいアルバムである。

『ゆず一家』-ゆず初めてのメジャーアルバム-

ゆず一家』も名曲ぞろいだ。ゆずの曲の中でも屈指の名曲がたくさん収録されている。

まず「以上」。初めて聴いた時は、岩沢さんが作っているのかと思ったが、実は北川さんが作っている。

どうしても岩沢さんに歌ってほしかったそうだ。

「以上」は心の中に深くしみ込んできて、生で聴いた時は涙してしまった。本当に素晴らしい曲だと思う。

「手紙」は、ほのぼのしていて聴けば聴くほど良い曲だなぁと思わせる。曲の途中で北川さんが本当の手紙を読み上げるのも面白い。

「ねこじゃらし」はあまりライブでやらないが、素晴らしいバラード曲だと思う。この曲もゆず屈指の名曲だ。

そして壮大なバラードである「境界線」。

岩沢さんを堪能できる曲だ。北川さんのピアニカ、岩沢さんの歌とハーモニカが壮大な世界を作り上げている。

『ゆず一家』には他にも「夏色」「雨と泪」「月曜日の週末」「街灯」「贈る詩」と名曲のオンパレードだ。

『ゆず一家』は何度も何度も楽しめること間違いなしのアルバムだ。

そしてラスボスの「心の音」である。

ゆず史上最大の名曲と言っても過言ではない。なぜシングルとして発売しなかったのだろうか。

ゆずのアルバム曲の中には、シングル曲として発売していたらヒットチャートで確実に1位を取れたであろう曲がたくさんあるが、「心の音」はその最たる曲だ。

北川さんのピアニカが切なく、岩沢さんが圧倒的な声量で歌い上げる。「心の音」は本当に素晴らしい曲である。

ゆず一家』は名曲ぞろいである。絶対に持っておきたいアルバムだ。

おまけ:PV集「録歌選 金銀」

PV集「録歌選 金銀」では、ゆずマンやゆず一家に収録されいる曲のPVを見る事が出来る。

「録歌選 金銀」ではまだ10代の二人を見る事が出来るので、かなり貴重だ。