がっさいごっそい

【運営者情報】大好きな家電・パソコン・レジャーなどについて書いています

声優ライブ『アイドルマスター』で感じた違和感。

声優オタクは美容院に行こう

『アイドルマスター』という声優達のライブに行った時の事である。

 

そこにはなかなか強烈な光景が広がっていた。

 

体臭がきつい者や、髪の毛がべとついている人間が結構いたのである。

 

そして、ふと疑問に思った。

 

「なぜオタク達は、自らの身だしなみにお金を使わないのだろうか?」と。

 

そしてその疑問は自分自身に跳ね返って来た。

美容院で髪形を整えるだけで、オタクはかなり変わる!

美容院で髪形を整えよう

女性は不潔な男性が嫌いである。

 

彼らが熱心に応援している声優たちも、そうであろう。

 

こちらが熱心に応援していても、彼女たちには「不潔な男」としてしか映っていないのである。

 

完璧なる一方通行である。

 

であるならば、

「まずはコンサートで結構な出費をする前に、そのお金で美容院に行って髪形をおしゃれにしてもらうべきだ」

 

しかし、どこの美容院に行って良いか分からなかったので、美容院検索サイトを利用してみた。

 

これが便利で非常に良かった。

 

使用したのはリクルートが運営する、『ホットペッパービューティー』という美容院検索サイト。

 

「地名 ヘアサロン」

で検索して、口コミを見て良さそうな所に行ってみた。

 

 

結果、店員さんも素晴らしくて、行って大正解だった。

 

初めて美容院の方と接した事で視界が広がったし、「もっとおしゃれになろう」と素直に思えた

 

しかも髪形を整えただけでも、周囲の反応はすこぶる良くなった。

 

べとついた髪の毛でアイドルを応援する前に、することはたくさんある。

オタクには、『30歳を過ぎても人生で彼女が出来た事のない人間』が多い

自分にはオタクの知り合いが何人かいるが、彼らは人生で一度も彼女が出来た事がない

 

しかしその事に何の危機感も持たず、声優やアイドルを応援し続けている。

 

自分は20代中盤で、

「このままじゃ駄目だ」と気付けたので良かったが、もし何も疑問に思わず過ごしていたら、そのまま現実と向き合えず、孤独なオタク人生を歩んでいたと思う。

 

アイドルを応援するのは楽しいが、実際は彼女らと会話を交わせるわけでもなく、ただ遠くから見ているだけである。

 

これは非常に非生産的だ。

 

しかも、それがとても心地良いので、なかなかその沼から抜け出すことが出来ない。

 

結果、女性に対してコミュニケーションスキルが全く身に付かないまま、無駄に歳を重ねていくのである。

声優、アイドルオタクは現実を見よう

いい歳して人生で一度も彼女が出来た事のないオタクは、危機感を持とう。

 

今は声優やアイドルを応援しているのが楽しいかもしれないが、

「俺は今までの人生、何をやってきたんだ。女性とデートしたことすらないぞ。」

と後悔する日が必ずやってくる。

 

髪形を整えて清潔感を磨いて、現実世界の女性と付き合えるように頑張ろう。