がっさいごっそい

【運営者情報】大好きな家電・パソコン・レジャーなどについて書いています

なぜ20代でAGAの私が髪のコシを取り戻し、薄毛からおさらばできたのか?

f:id:rimutsutaka:20170817171742p:plain

皆さんは30代なのに、髪が薄くなってきていませんか?

 

今記事は、悲しいことに20代でAGAになってしまった私の、復活までの道のりをつづっていきます。

 

僕は30代に突入したあたりから、どんどん髪が細くなり、抜け毛も驚くほど増えました。

毎日毎日鏡を見ては、剃りこみが深くなっていくM字部分に絶望していました。

 

今回はそんな悲惨な状況から、復活した話です。

 

スポンサーリンク

 

M字ハゲに気付いた日

僕は特に髪型にこだわりがなく、会社に行くために、髪を軽く整えるぐらいでした。

 

そんな髪に無頓着だった私ですが、ある時から「髪にコシがなくなり、猫毛になってるかも・・」と感じはじめました。

 

そして前の会社をやめ、今の会社に再就職するまでの間に「坊主にしてみよう」と自らバリカンで刈っている時でした。

 

「あれ、M字ハゲになってないか・・」

 

その時の絶望ったらありません。

なんと、額の両サイドに深く剃りこみが入っていたのです。

 

僕の家系は皆ふさふさなので、自分がハゲるなんて想像もしていませんでした。

そもそもなぜ男性はハゲるのか?

ここで男性がハゲる原因をおさらいしたいと思います。

 

男性がはげる原因は「強力な男性ホルモンのせい」と言われています。

 

男性ホルモンのジヒドロテストステロンという物質により髪の毛の伸びが阻害されてしまうのです。

髪の毛のコシを取り戻し、増やすにはどんな方法がある?

突然M字ハゲに気付いた私は、大慌てで髪を増やす方法を調べ始めました。

【髪を増やす方法はなにがある?】

  1. 育毛剤やそれ用のシャンプー
  2. フィンペシアなどの海外から輸入する薬

1の『育毛剤やそれ用のシャンプー』に関しては、髪を増やすことは出来ず、もっぱら現状維持にしかなりません。

 

そして現状維持すらもままならない、という事が分かり却下。

 

2の『フィンペシアなどの髪が生えてくるといわれる薬』を海外輸入するのも、偽薬をつかまされる人が後を絶たず、問題になっているということでこれも却下。

薄毛・ハゲを止めて髪を再び生やすには2つのことが重要

薄毛を止め、再び髪を生やすには2つのことに気をつけるのが重要です。

 

・男性ホルモンを抑制する

・頭部の血流をよくする

 

これは、どこのAGAクリニックでも同じ事を言っています。

 

そこで有名なハゲ治療薬として、「フィンペシア (プロペシア)」「ミノキシジル」があります。

 

「フィンペシア」は男性ホルモンを抑制する薬です。

 

「ミノキシジル」は頭部の血流を改善させる薬です。

 

元々ミノキシジルの成分は、高血圧の治療薬として使われていました。

 

それが、副作用として毛が濃くなる人が続出したので、AGA治療の毛生え薬として登場したのです。

コシのある髪が生えてきた

毛を生やすためには薬を毎日飲まなくてはいけません。

 

しかし、いくらなんでも海外輸入のフィンペシアなどを毎日飲む勇気はありませんでした。

かと言って、病院でのAGA治療は保険が効きませんし。

 

そこで、フィンペシアの変わりにイソフラボンを服用するようにしました。

 

一方のミノキシジルの血流改善効果は、入念な頭皮マッサージと運動で代用しました。

 

そして、しばらくイソフラボンと運動、頭皮マッサージを続けていると、M字部分から髪の毛が生えてきたのです。

 

しかも細い毛ではなく、きちんとコシのあるしっかりとした髪の毛です。

イソフラボンとは

イソフラボンとは、女性ホルモンのエストロゲンに似た物質です。

主に、大豆などから生成されます。

 

このイソフラボンの力で、男性ホルモンの働きを抑制するわけです。

 

この時注意しなければならないのが、グリコシド型イソフラボンではなく、アグリコン型イソフラボンを摂取しないといけないということです。

【グリコシド型イソフラボン】

  1. 納豆や豆腐に含まれているのは『グリコシド型イソフラボン』
  2. グリコシド型イソフラボンは、体内吸収率が20%と低い

【アグリコン型イソフラボン】

  1. アグリコン型イソフラボンは、体内吸収率が80%以上といわれている
  2. 味噌には『アグリコン型イソフラボン』が含まれている
  3. 味噌に含まれているとはいえ、1回の必要摂取量を摂ろうとすると10杯以上の味噌汁を飲まなければならず、現実的ではない。
  4. 『アグリコン型イソフラボン』を摂るためには、サプリメントから摂るのが最も効率が良い
最後に

今現在、髪の毛は明らかにコシが戻っています。

 

以前までは猫毛というんでしょうか、非常にやわらかくてボリュームのない髪質でした。

 

万人に効果があるかはわかりませんが、イソフラボンを試してみる価値はあると思います。

 

このイソフラボンは、農薬検査に合格した大豆を使用していますし、大豆の胚芽部分だけを抽出し濃縮しているので、丸大豆の10倍のイソフラボンが含まれています。

 

(※イソフラボンは主に胚芽部分に含まれている)

 

高品質・大豆イソフラボンのイソラコン

P.S.

男性型脱毛症というのは完全に進行してしまうと、もうどうすることも出来ません。

 

そうなると、ハゲとして残りの人生を歩んでいくことになってしまいます。

 

僕も気を抜かず、健康状態に気を配って生きていきたいと思います。