がっさいごっそい

【運営者情報】大好きな家電・パソコン・レジャーなどについて書いています

【引退】テニス、アンディ・マレーの会見コメントまとめ

2019年1月11日の会見で、テニスのアンディ・マレーが引退を発表しました

 

この記事では、マレーが会見で発したコメントについてまとめています

 

全豪オープン(14日開幕)に出場する元世界ランク1位のアンディー・マレー(英国)は11日に会見を開き、今シーズン限りで引退すると発表。

news.livedoor.com

衝撃的なニュースです

 

テニスのBIG4の一角、アンディ・マレーが今シーズン限りの引退を発表しました

 

スポンサーリンク

 

マレー、引退の理由をコメント

マレーが引退の理由を会見でコメントしました

「僕はここでプレーする。ある程度のレベルでは、まだプレーできる。でも、それは僕が納得のいくレベルではない。痛みが、本当に大きすぎる。この状態でプレーを続けることを望んではいない」

アンディー・マレーが涙の引退会見「僕は偉大なんかじゃなかった」 - ライブドアニュース

アンディ・マレーは2017年に臀部を故障します

 

2017年のウィンブルドン準々決勝でクエリーに敗れた後、臀部の故障により、以降の大会を全て欠場しました

 

今回の会見でのコメントでも、臀部が痛すぎて納得のいくプレーができないそうです

 

マレーは臀部の回復に努めてきましたが、克服するのが難しかったそうです

痛みは良くなってはいるが・・

マレーは、「半年前よりは確実にケガの状態は良くなっている」と述べています

 

しかし、「満足できるレベルでプレーはできず」、12月のトレーニングで、「もうやり続けることはできない」とチームに打ち明けました

 

もうテニスどうこうではなく、日常生活に支障を及ぼすほど深刻な状態だそうです

 

とにかく「痛みから解放されたい」と話していました

 

スポンサーリンク

 

できればウィンブルドンで引退したいが・・

マレーは、母国大会であるイギリス・ウィンブルドン選手権での引退を望んでいます

 

しかし、痛みは相当深刻のようです

「おそらくウィンブルドンまでプレーできるだろうと考えていたし、僕もそこでプレーを終えることを望んでいたが、そこまで僕が保つのか、今ではもう確信がない」

アンディー・マレーが涙の引退会見「僕は偉大なんかじゃなかった」 - ライブドアニュース

 

マレーは2018年シーズンに復活し、後半はいくつかの大会に出ていたので、本人も2019年のウィンブルドンでプレーできると考えていたようです

 

しかし、痛みが強く精神的にも肉体的にもウィンブルドンまでもつのか本人もわからないそうです

 

2019年の全豪テニスで引退してしまう可能性もゼロではありません

 

スポンサーリンク

 

アンディ・マレーの最高のシーズンは2016年

マレーの最高のシーズンは、世界ランク1位になった2016年です

 

2月には第1子が生まれ、全豪テニスも決勝まで進出します

 

そして6月の全仏テニスでは初めての決勝進出を果たします

 

いずれの大会もジョコビッチに敗れてはしまいましたが

 

 

まだまだマレーの勢いは止まりません。7月のウィンブルドンでは、ラオニッチを破り優勝しました

 

そして、8月のリオオリンピックでは2大会連続の優勝を果たしました

絶好調のマレーに勝利した錦織圭

そんな絶好調の2016年マレーでしたが、2016全米テニスでは準々決勝で錦織圭に敗れました

 

この試合は5セットのフルセットマッチに突入し、両者一歩も譲らず一進一退のすばらしい試合でした

ATPワールドツアー・ファイナルでジョコビッチに勝利し初優勝

その年のトップ8の選手が戦う、ATPワールドツアー・ファイナルでは、決勝でジョコビッチを破り初優勝を遂げました

 

これにより、世界ランキング1位で2016年を締めくくりました

スポンサーリンク

 

まとめ

引退を発表した、アンディ・マレーの会見のコメントについてまとめました

 

全豪テニスが最後になるかもしれないので、絶対に見逃せません

 

放送はWOWOWで中継されます

 

www.suida-log.com