がっさいごっそい

【運営者情報】大好きな家電・パソコン・レジャーなどについて書いています

おすすめ「硬くないワンタフトブラシ」- 歯間も奥歯も磨きやすい。

ライオン・ワンタフト

ライオン『ワンタフト歯ブラシ』狭いところもラクラク磨ける!

 

今までワンタフトブラシをよく購入していたんですが、どれも毛が硬すぎました。

 

硬いと痛いし、磨きにくいんですよね。

 

しかし、ライオンのワンタフトブラシを使ってみてとても良かったので紹介します。

おすすめはMサイズのワンタフトブラシ

ライオンのワンタフトブラシには3つのサイズがあります。

 

その中で、私のおすすめは『Mサイズ』です。

 

毛の長さ、硬さがちょうど良く、細かいところもラクに磨けるんです。

 

目次】(クリックで目的の見出しにジャンプします)
スポンサーリンク

 

ワンタフトブラシとは?

▼ワンタフトブラシとは、下記の形状の歯ブラシのことです。

f:id:rimutsutaka:20171017055455j:plain

 

「普通の歯ブラシでは磨きにくい部分」を楽に磨けるんです。

 

私は、上記写真のMサイズしか使っていません。

 

「【S】サイズ」は柔らかすぎますし、「【Systema】サイズ」は使い方がよくわかりません。

ライオン EXワンタフト歯ブラシ(onetuft) の優れているところ

他の会社からもワンタフトブラシは発売されています。

 

私も購入したことがあるんですが、どの会社のワンタフトブラシも毛が硬い。

 

その点、ライオンのワンタフト歯ブラシは毛の硬さがちょうど良いんですよね。

 

歯のすき間、歯の溝も良く磨けます。

奥歯の間もらくらく磨ける!

なんと言っても、このワンタフト歯ブラシが活躍するのは、奥歯と奥歯の間です。

普通の歯ブラシでは届きませんし、すき間にブラシが入りません。

 

しかしライオンのワンタフトブラシなら、かんたんに磨くことができます。

 

 

えんぴつを持つように持って、歯の間を磨くだけです。

 

スポンサーリンク

 

前歯の裏や奥歯の歯面もワンタフト歯ブラシで磨こう

他にも、普通の歯ブラシでは磨きづらい「上前歯の裏」や「奥歯の表面」も、ワンタフトブラシ で磨いています。

 

ピンポイントで歯の「溝」を磨けるので重宝しています。

 

ライオン・ワンタフト歯ブラシはどこで買える?

ライオンのワンタフト歯ブラシは、普通のお店では売っていません。

楽天やAmazonで買うことができます。

 

▼のお店では3本セットではなく、1本から購入することができるので重宝しています。

まとめ:ワンタフトブラシっていいよ!

私のように、今まで満足できるワンタフト歯ブラシに出会えなかった人は、ライオンのワンタフトを試してみてください。

 

歯磨きライフが楽しくなりますよ!