がっさいごっそい

2人の女の子を育てています。夫婦で興味のあることについて書いていきます。

【ガス代節約におすすめ!】真空断熱カップと真空断熱ボウルで冷めない幸せを手に入れた!

真空断熱カップ

コーヒーが大好きです。

しかーし、今の時期はすぐにぬるくなってしまう (゚´Д`゚)゚

飲み物が冷めない真空断熱カップの存在は知っていた。

だが、「コップに1000円以上出すのもどうなんでしょ」と、毎回ぬるいコーヒーを甘んじて受け入れいれていたのである。

しかし、そのやせ我慢にも限界がきた。

コーヒーが冷めない人生を手に入れたい(゚Д゚) メラメラ

俺は、真空断熱カップを探す旅に出た。

おすすめの真空断熱カップを教えてもらう!

サーモス真空断熱カップ

一口に真空断熱カップと言っても、膨大な量の種類がある。どれを選ぶべきなんだ(?_?)。分からん。

ここは、何でも知っている幼なじみのF井君に「どんな真空断熱カップを選べば良いか」聞いてみることに。

するとF井くんは、諭すように語り始めた。

「いいか、いくら真空断熱カップと言っても、洗いにくいのは駄目だ。洗いにくいと面倒で使わなくなってしまう。洗いやすい真空断熱カップにしときな。」

なるほど、洗いやすさも考慮に入れないと、いつの間にか使わなくなってしまうのか。フムフム

真空断熱カップを購入

F井君におすすめされたサーモス真空断熱カップ(JDD-300)を早速購入してみた。

そして、わくわくしながらコーヒーを注いでみた。

おお、熱い。しかし、淹れたばかりだから熱いのは当たり前だ。お前の本当の力を見せてくれ。

5分後に再び、飲んでみる。

ん、熱い、熱いぞ。

今までは、5分後でもすでにぬるくなり始めていたのに。ぐぬぬ。

コーヒーでもココアでもそうだが、飲み物の温度もおいしさに深く関わってくる。

もっと早く買えばよかったぜ!

『真空断熱どんぶり』も購入

しかし、新たな欲望も湧きあがってくる。

カレーやラーメンも冷めずに食べたい!

カレーやラーメンも大好きなのだが、熱々なのは最初だけ。

こちらもすぐにぬるーくなってしまう。ぬるいカレーはおいしさ半減だ。

そして真空断熱の"どんぶり"もあると知った。

真空断熱どんぶり

真空断熱カップの「冷めない力」に大感動したので、、真空断熱どんぶりは光の速さで購入した。

購入したのは「食べごろスープボウル750ml(DSSC-750MT)」という断熱どんぶりだ。

カレーを真空断熱どんぶりで食らう。

あっつ熱のカレーを真空断熱どんぶりによそって食べてみる。

感動だ。食べ終わるまで、カレーが熱いままだ。

普通の食器ではこうはいかない。

やはり最後まで熱さを維持していることで食事の満足度も全然違う!

しかも、外側は持っていても熱くない。

カレーやラーメンにおいて「冷めにくいという絶対的な事実」は、心にゆとりを生む。

俺は、仏のような顔でカレーを食べ終えた。

冷めにくい器というのは、それ自体が最高のスパイスだ。

真空断熱カップ: まとめ

熱いものを最後まで熱く味わえるということは、最高に素晴らしいことだ。皆さんにもぜひ、この感動を体験していただきたい。