東武動物公園の割引クーポンを比較してわかった1番おすすめはこれだ【2019年5月】

東武動物公園

東武動物公園に安く行きたい!

実は、東武動物公園には料金が大幅割引になるお得なクーポンがあります!(2019年5月16日更新)

「入園料」と「ワンデーパス」が割引になります。

 

そもそも東武動物公園のチケットには4種類あります。

  1. 入園料
  2. のりもの券(1枚100円。基本的に複数枚必要。)
  3. ライドパス(のりもの乗り放題)
  4. ワンデーパス(入園料+のりもの乗り放題)

です。

 

入園料を支払うと動物を見ることができます。

遊園地も利用したい場合は、入園料以外にのりもの券なども必要になります。

 

 

この記事では、東武動物公園の割引クーポンの入手方法を解説します!

 

この記事でわかること。

  1. 東武動物公園の割引クーポンについて
  2. クーポンの入手方法
  3. 乗り物はライドパスよりワンデーパスがお得
スポンサーリンク

東武動物公園の割引クーポンを入手する方法

東武動物公園の割引クーポンを入手する方法は2つです。

  1. 東武動物公園の公式サイトで入手する
  2. クーポンサイトで入手する

 

それぞれ詳しく解説していきます。

1. 東武動物公園の公式サイトで入手する

クーポンとは少し違いますが、東武動物公園の公式サイトでも割引券を入手できます。

① 東武動物公園のメルマガに登録

東武動物公園のメルマガに登録すると、入園料とワンデーパスが200円ほど割引になります。

入園料 ワンデーパス(入園+のりもの乗り放題)
おとな(中学生以上) 1700円⇒1500円 4800円⇒4600円
こども(3才以上) 700円⇒600円 3700円⇒3600円

 

公式サイト メルマガ登録でチケット割引|東武動物公園

②コンビニ前売り券

ワンデーパスの前売り券をコンビニで購入すると、200円ほど割引になります。

セブン・ローソン・ファミマで当日購入もできます。

※入園券の前売り販売はありません。

ワンデーパス(入園+のりもの乗り放題)
おとな(中学生以上) 4800円⇒4600円
こども(3才以上) 3700円⇒3600円

 

公式サイト コンビニエンスストア前売り券|東武動物公園

 

 

う~ん、東武動物公園の公式サイトだとあまり割引にならないね・・

 

そうなんです。東武動物公園の公式サイトを利用しても割引額は最大200円・・。

 

ということで、私はクーポンサイトを利用しています。

2. クーポンサイトで入手する

クーポンサイトの方が大幅に割引になるので、私は友人にもこちらをすすめています。

 

私自身、割引クーポンを入手する時にあらゆるクーポンサイトを何時間も比較しました。貧乏性なので少しでもお得になればと思って・・(´・ω・`)

 

特に比較したのが「割引額」と「無料体験期間」です。

 

その中から厳選した3サイトを紹介します。

※無料体験期間内に退会すれば、どのサイトも月額料金は一切かかりません。

東武動物公園の割引クーポンを比較してわかった1番おすすめはこれだ

【1位】dエンジョイパス

入園料 ワンデーパス
おとな(中学生以上) 1,700円 ⇒ 1,400円 4,800円⇒ 3,800円
こども(3歳以上) 700円 ⇒ 500円 3,700円⇒ 2,900円

dエンジョイパスはドコモが運営しています。

無料期間も31日間と長いですし、誰でも利用できます。

無料期間の長さ、使いやすさなど初心者には1番おすすめです。

 

 

【参考】東武動物公園のクーポンをdエンジョイパス(ドコモ)で入手する方法

【2位】デイリーPlus

デイリーPlusの登録・使い方

入園料 ワンデーパス
おとな(中学生以上) 1,700円 ⇒ 1,400円 4,800円⇒ 3,800円
こども(3歳以上) 700円 ⇒ 500円 3,700円⇒ 2,900円

デイリーPlusは、Yahoo! JAPANが運営しています。

1番の魅力は無料期間が最大2ヶ月あること!

たとえば5月12日に入会すると5月と6月が無料になります。月の最初に入会する方がお得です!

→公式サイトへ

 

 

【参考】デイリーPlusの使い方

【3位】skyticketプレミアム

入園料 ワンデーパス
おとな(中学生以上) 1,700円 ⇒ 1,400円 4,800円⇒ 2,500円
こども(3歳以上) 700円 ⇒ 500円 3,700円⇒ 2,500円

skyticketプレミアムの1番の魅力は、ワンデーパスが2300円も割引になることです。

しかし、無料会員登録から1ヶ月ほど経過してからでないと入手できません。

無料期間は初月(加入月)です。

 

 

【参考】skyticketプレミアムのクーポン入手方法【使い方・登録方法・利用手順】

結論:東武動物公園の割引クーポンの選び方

東武動物公園の割引クーポンの選び方ですが、やはりクーポンサイトが最もお得です。

どのサイトも無料体験期間があるので、安心して選んでください。

 

・最大2ヶ月無料のデイリーPlus

・ワンデーパスが2300円割引になるskyticketプレミアム

・初心者に1番おすすめできるdエンジョイパス

割引クーポンの使い方

割引クーポンの使い方は、東武動物公園の入場口で印刷したクーポンを見せるだけです。

スマホの画面提示ではダメです。

携帯クーポン 画面提示不可(印刷したクーポンを現地でご提出ください)

引用:東武動物公園 | dエンジョイパス

東武動物公園の通常料金&割引料金

「入園料」、「ワンデーパス」の料金

出典:料金・チケット | 東武動物公園

ここからは東武動物公園の通常料金と、割引クーポン使用後の料金を見ていきます。

 入園料

黒文字:通常料金 赤文字:クーポン利用

  • おとな(中学生以上):1,700円→300円割引
  • 子供(3才以上):700円→200円割引
  • シニア(60才以上):1,000円

入園料を支払うと動物を見ることができます。ウチは4人家族なので、合計1000円以上割引になるので毎回助かってます。

ワンデーパス(入園料+のりもの乗り放題)の料金

黒文字:通常料金 赤文字:クーポン利用

  • おとな(中学生以上):4,800円→最大2300円割引
  • こども(3歳以上):3,700円→最大1200円割引

ご覧のように、ワンデーパスは驚くほど大幅割引になります

ライドパス(のりもの乗り放題)の料金

ライドパス(のりもの乗り放題)の料金

ライドパス(のりもの乗り放題)にはクーポンがありません。

  • おとな(中学生以上):3,300円
  • こども(3才以上):3,000円
  • シニア(60才以上):2,700円

「のりもの券1枚」の料金

  • 「1枚100円」(全年齢同額)

東武動物公園の遊園地を利用するには「のりもの券」が必要です。ほとんどのアトラクションで、複数枚の「のりもの券」が必要になります。

※ライドパスかワンデーパスを持っていれば必要ありません。

【例】1回の「のりもの券」必要枚数

  • 大人気ジェットコースター「カワセミ」→ 10枚
  • 観覧車 → 6枚
  • フラワーカップ → 4枚
  • 空中大回転「スインガー」→ 5枚
  • ファミリーコースター → 4枚
  • 池でボート → 10枚
  • スカイサイクル → 3枚

どのチケットを買えばいいのか

動物しか見ないのなら「のりもの券」は必要ありません。入園料のみ払えばOKです。

しかし乗り物も乗りたいなら、クーポンを利用しての「ワンデーパス」購入が圧倒的にお得です。

乗り物はライドパスよりワンデーパスがお得

遊園地で乗り物に乗りたい場合は、ライドパスよりワンデーパスの方がお得です。

ライドパスには割引クーポンが存在しないですからね。

割引クーポンを使用してのワンデーパス購入が1番お得です。

東武動物公園について

場所・地図・最寄り駅・電話番号

  • 住所:〒345-0831 埼玉県南埼玉郡宮代町須賀110
  • 地図:Google マップ
  • 最寄り駅:東武動物公園駅・西口から歩いて10分
  • 電話:0480-93-1200
  • 公式サイト:www.tobuzoo.com

東武動物公園へは東武スカイツリーライン(東武伊勢崎線) の『東武動物公園駅』の西口から徒歩で10分ほどです。

東武動物公園駅からバスも出ていますが、徒歩でも苦にならない距離なので、いつも歩いて行っています。

関連記事 東武動物公園は駅から何分?歩いて行ける距離なの?

まとめ:クーポンで割引き&ライドパスよりワンデーパスがお得

今回のまとめです

  • 東武動物公園には割引きクーポンがある
  • クーポンサイトの無料おためし期間を利用してお得に入手しよう
  • ライドパスよりワンデーパスがお得

以上です。

ぜひお得に楽しんでください。