ゆずのライブ映像を無料で見たい!やっと見つけた方法と手順を紹介【ライブ動画】

ゆずのライブ映像を無料で見たい!

もちろんお金があればDVDを買いたいのですが、貧乏なので高くて買えません。

そこで気づきました。「配信サイトの無料おためし期間で見ればいい」と。

 

見つけましたよ、ゆずのライブ映像を配信しているサイトを!

それは、ドコモのdTVです。

なんと、ゆずのフルライブ映像が13本も配信されています

※本作品の配信情報は20年3月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については「dTV 」のホームページもしくはアプリをご確認ください。

無料おためし期間は31日間です。

dTVへ

スポンサーリンク

dTVで視聴できるゆずライブ(2020/3/15時点)

こんなにゆずライブが配信されてる

  • LIVE FILMS GO HOME
  • LIVE FILMS リボン
  • LIVE FILMS 1~ONE~
  • LIVE FILMS WONDERFUL WORLD
  • LIVE FILMS GO LAND
  • LIVE FILMS 2 -NI-
  • LIVE FILMS FURUSATO
  • LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY1
  • LIVE FILMS YUZU YOU DOME DAY2
  • LIVE FILMS ゆずのね

ほか

とにかくたっぷり見れるので、ゆずファンは必見です。

dTVへ

※本作品の配信情報は20年3月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況については「dTV」のホームページもしくはアプリをご確認ください。

ゆずのライブDVD映像はdTVで無料で見よう

先ほども言ったように、ゆずのライブ映像作品を無料で見るには、dTVの「無料体験期間」を利用します。

私も無料で見まくりました。

ライブ映像を見ながらお菓子をぼりぼりつまんでいたので、少し太ってしまった

(;´Д`)

dTVは31日間無料

dTVは31日間無料です。

31日間の無料期間で13本もライブ映像を見られるのはいいですよね。

1998年からゆずファンの私が選んだゆず「おすすめ曲&アルバム」

ここからは、私が大好きなゆずの「おすすめ曲&アルバム」を紹介します。

『ゆずマン』

『ゆずマン』はホントに良曲ばかり。

その中でも、特におすすめな曲を選んでみました。

ところで

「ところで」は私の大好きな曲です。

短い曲ながらも「切なさ」と「爽やかさ」があふれていて何度も聴き返したくなります。

遊園地

「遊園地」は最後の路上ライブ(1998年)で生で聴くことが出来ました。

最後の路上ライブは信じられないぐらい大勢の人がいました。

そんな中この曲を聴くことができ、とても感動したのを覚えています。

「遊園地」の第一印象は明るく感じますが、やがて切なさも伴っている事が分かります。

路上ライブでお客さんたちが何とも言えない「寂しさ」に包まれていたのを思い出します。

なにもない (1番好きな曲!)

そして「なにもない」です。

この曲はゆず屈指の名曲です。

私が初めて知ったのは、「福山雅治のオールナイトニッポン」のエンディング曲としてでした。

福山雅治も「良い曲だね」としみじみ語っていました。

切ないながらも、聴いていて非常に心地の良い曲です。

風まかせ

「風まかせ」もスケールが大きく、切ない曲です。

98年頃の「ゆずのオールナイトニッポン」の弾き語りコーナーで、二人がよく歌っていました。

ゆずは初期の頃から本当に素晴らしい曲が多いです。

「風まかせ」も壮大で、生で聴くと非常に感動します。

シュビドゥバー

「ゆずマン」の収録曲、最後の曲は「シュビドゥバー」です。

昔はライブを締めくくる「定番」の曲となっていました。

皆で歌うことができ、非常に一体感が出る曲です。

この曲も明るい曲調ながら切なさを内包しています。

北川さんの当時感じでいたことを伺い知ることが出来る曲です。

『ゆずマン』は今聴いても全く色あせていません。

ぜひとも手元に置いておきたいアルバムです。

『ゆず一家』-ゆず初めてのメジャーアルバム-

『ゆず一家』も名曲ぞろいです。

ゆず屈指の「名曲」がこれでもかと収録されています。

以上

「以上」

初めて聴いた時は、岩沢「作」かと思いましたが、実は北川さんの作詞作曲でした。

当時、北川さんは「どうしても岩沢さんに歌ってほしかった」と語っていました。

「以上」は心の中に深くしみ込んできます。

生で聴いた時は涙してしまいました。

手紙

「手紙」は、ほのぼのしていて聴けば聴くほど良い曲だなぁと思わせます。

曲の途中で、北川さんが「リアルの手紙を読み上げる」のもおもしろいです。

ねこじゃらし

「ねこじゃらし」はあまりライブではやりませんが、素晴らしいバラード曲です。

この曲も大変人気があります。

ゆずの東京ドームライブで久しぶりに聴くことができました。

ゆずの「東京ドームライブ」もdTVで見ることができます。

境界線

そして壮大なバラードである「境界線」です。

岩沢さんの世界観を堪能できる曲です。

北川さんのピアニカ、岩沢さんの歌とハーモニカが壮大な世界を作り上げています。

その他の曲

『ゆず一家』には他にも

  • 「夏色」
  • 「雨と泪」
  • 「月曜日の週末」
  • 「街灯」
  • 「贈る詩」

と名曲がずらりと収録されています。

本当に何度も楽しめるアルバムなんです。

ラスボス:心の音

そしてラスボスの「心の音」です。

「心の音」はゆず史上最大の名曲と言っても過言ではないと思います。

なぜシングルとして発売しなかったんだろう?

ゆずのアルバム曲は、シングル曲として発売していたらヒットチャートで確実に1位を取れたであろう曲がたくさんありますが、「心の音」はその最たる曲だと思います。

北川さんのピアニカが切なく、岩沢さんが圧倒的な声量で歌い上げる、「心の音」は本当に素晴らしい曲です。

まとめ:ゆずのライブ映像を見てみよう!

ゆずのライブを見たことのない人は、ぜひこの機会に見てみてください。

二人の「CD」を超える歌唱力、大爆笑のトークと、盛りだくさんでとても楽しめます。