IME辞書ツールで単語登録できない・変換できない場合の直し方

よく使う単語を

IMEの「単語の登録」が便利で使いまくってます!

が、突然単語の登録ができなくなりました。

単語の登録とは、よく使う単語や、変換が難しい単語をあらかじめ登録しておき、1発で変換できるようにする機能です

この記事では、「IME辞書ツールで単語登録できない・変換できない場合の直し方」を解説します

スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

IME辞書ツールで「単語の登録ができない」&「登録していた単語も変換できない」場合の対処法

便利なIME辞書ツールの「単語登録」機能ですが、

  • 単語の登録ができない
  • 登録した単語も変換できない

という不具合が突然やってきます

私は、初めてこれに遭遇した時、よくわからなかったので今まで登録していた単語を全部消去してしまいました

 

そして、イチから単語を登録しなおしたのです

しかし、そんなことをする必要は全くありませんでした

かんたんに修復できるので、やり方を図解で解説します

【手順】①今まで登録しておいた単語のバックアップを取る

はじめに、今まで辞書ツールに登録していた単語のバックアップをとります

1. 辞書ツールを呼び出す

辞書ツールを呼び出す

タスクバーの「ツール」→「辞書ツール」をクリック

2. 名前をつけてバックアップファイルを保存する

辞書ツールの「ツール」→「一覧の出力」から適当な名前(バックアップ.txtなど)を付けてデスクトップなどに保存する

②今までの単語登録を消去する

IME辞書ツールを修復するために、今までの単語登録を消去してリセットします

1. プロパティを呼び出す

プロパティを呼び出す

タスクバーの「ツール」→「プロパティ」をクリック

2. プロパティ画面で「修復」をクリックする

「辞書/学習」タブ →「修復」をクリック

最後にウィンドウ下部の「OK」をクリックして画面を閉じます

これで、辞書ツールのリセットが完了しました

③バックアップファイルから登録していた単語を復元する

先ほどバックアップしておいたテキストファイルから、登録していた単語を復元します

1. 辞書ツールを呼び出す

タスクバーの「ツール」→「辞書ツール」をクリック

2. 先ほどバックアップしておいたファイルを指定する

「ツール」→「テキストファイルからの登録」から、先ほどバックアップしておいたファイル(今回は”バックアップ.txt”という名前)を選びます

これで修復完了です

スポンサーリンク


 

初心者でもできる!単語の登録方法【IME辞書ツール】

単語登録できない

よく使う単語は単語の登録をしておくと便利です

たとえば、「ありがとう」は使う機会も多いですが、毎回「あ・り・が・と・う」と入力するのは面倒です

そんな時はIMEの単語登録で、

  1. 読みを「あ」で登録
  2. 語句を「ありがとう」

で登録しておけば、「あ」と1文字入力して変換キーを押せば「ありがとう」と変換されます

「単語の登録」の便利な使い方

単語の登録は応用がきくので、よく使う自分の住所や電話番号なども登録しておけます

例:「じゅうしょ」で自分の住所を登録する

「じゅうしょ」で変換すると自分の住所が変換候補に挙がる

私の場合「あ」で変換すると、下記の変換候補が表示されます

「あ」で変換した場合の変換候補

スポンサーリンク


 

まとめ

今回は「IMEで単語登録できない場合」の直し方について解説しました

私は初めてこの現象に遭遇した時、バックアップを取らずにリセットしてしまったため、イチから単語登録をしなおすという目にあってしまいました

いちいち手動で入力しなければいけないので、ホントに大変でした

大切なことは「必ずバックアップをとること」です

皆さんの参考になれば幸いです