「大爆笑エッセイ」おすすめを厳選4冊紹介!待ち時間の暇つぶしに最高!

スポンサーリンク

大爆笑できる本

大爆笑エッセイ。

電車の待ち時間をつぶすのに最適です。

 

お腹の底から笑える本は、自然とポジティブにしてくれます。

今回は、私が愛読している「おすすめ爆笑エッセイ」を4冊厳選しました。

スポンサーリンク

原田宗典。文字だけで笑わせる天才

私が絶対おすすめしたいのは原田宗典さん。

彼ののエッセイは本当に大笑いできます。

 

本来は小説家ですが、エッセイストとしての方が有名なほどです。

 

原田さんは数多くのエッセイを出版していますが、今回はその中でも絶対に大爆笑できる2冊を紹介します。

十七歳だった! (原田宗典)

f:id:rimutsutaka:20170904205545j:plain

  • 川原での衝撃早朝デート
  • 深夜、むふふ自販機を目指しての大冒険
  • 爆笑必至のアルバイト体験

原田さんの文章は、ダイレクトに情景が浮かんできます。

本なのに映画を見てる感覚です。

 

「十七歳だった!」を試し読みする(BookLive!)

絶妙な言葉の言い回し

高校時代を振り返った、この「十七歳だった!」は、原田節全開です。

独特の言い回しがすばらしく、言葉だけでこんなにも笑わせられるんだと感動しました。

 

「文章でここまで笑わせられるんだ ( ゚д゚)」と驚きます。

特に初デートの話が爆笑できます。

 

どのエピソードも読者の心を高校時代へと引き戻し、懐かしさ甘酸っぱさを全身に感じさせます。

とても今から20年前の作品とは思えません。

 

会社などで文章を書く機会が多くある人は、ライティングの面でも参考になると思います。

スバラ式世界 (原田宗典)

f:id:rimutsutaka:20170904205728j:plain

「スバラ式世界」も原田宗典さんの作品です。

 

「十七歳だった!」が高校時代の事を書いているのに対し、「スバラ式」は大学生の時の話や社会人になってからの話がメインです。

 

「スバラ式世界」を試し読みする(BookLive!)

 

 

こちらも圧倒的なセンスで、笑いっぱなしにさせてくれます。

 

原田さんの初期作品である、「十七歳だった!」「スバラ式」は、神がかっています。

ミスチルやB’Zなどアーティストにも初期作品に名曲が多いですが、原田さんの初期作品も才能が爆発しています。

スポンサーリンク


 

のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (伊集院光)

先ほども話題にした伊集院光さんの作品です。

 

深夜ラジオの爆笑トークのノリさながらに、大爆笑させます。

  • 奥さんとの会話。
  • 若手芸人だった頃のこと。
  • 伊集院さん独特の思考

など、笑えるエピソードが満載です。

オンリー・ミー 私だけを (三谷幸喜)

f:id:rimutsutaka:20170904205816j:plain

今から20年前の、三谷幸喜初エッセイです。

今の時代に、これだけ面白いエッセイを書ける人がいるとは思えないほどの「爆笑エッセイ」です。

 

あらためて思いますが「エッセイ」って普遍的なんです。

古くなることがありません。

 

伏線の張り方や随所にあふれ出るセンスなど、若かりし頃の三谷さんに触れたい方はぜひ読んでみてください。

1番の「おすすめ」は?

私のおすすめはなんと言っても原田宗典さんです。

特に「十七歳だった!」は原田宗典史上「最高傑作」だと思います。

 

人は、「文章でここまで笑わせられるのか!」と衝撃を受けた作品でした。

エッセイを読むのはKindleが軽くておすすめ

f:id:rimutsutaka:20171205014052j:plain

エッセイって気軽に読めるので、何冊も持ち運びたいんですよね。

しかし紙の本は重い。

 

私は本をKindleで読むようになってから、劇的に読書環境が改善しました。

スマホとは読みやすさが格段に違います。

 

私の場合、液晶画面で文章を読んでいても、内容が頭に入ってこない時があります。

 

その点Kindleはすっと頭に入ってきます。

まさに「紙の本」を読んでいるような感覚です。

Kindleを試したいなら「Kindle Unlimited」

Amazonでは「Kindle Unlimited」という本の読み放題サービスをやっています。

30日間の無料体験ができるので、気軽にためしてみてください。