がっさいごっそい

【運営者情報】大好きな家電・パソコン・レジャーなどについて書いています

「大爆笑エッセイ」おすすめを厳選4冊紹介!待ち時間の暇つぶしに最高!

大爆笑できる本

大爆笑エッセイ。

 

暇つぶしや病院の待ち時間、落ち込んだ時に最適です。

お腹の底から笑える本は、自然とポジティブにしてくれます。

 

今回は、私が愛読している「おすすめ爆笑エッセイ」を4冊厳選しました。

 

目次】(クリックで目的の見出しにジャンプします)
スポンサーリンク

 

原田宗典。文字だけで笑わせる天才

原田宗典さんのエッセイは本当に大笑いできます。

本来は小説家ですが、エッセイストとしても大変有名です。

 

たくさんのエッセイを出版していますが、今回はその中でも絶対に大爆笑できる本を紹介します。

十七歳だった! (原田宗典)

f:id:rimutsutaka:20170904205545j:plain

  • 川原での衝撃早朝デート
  • 深夜、むふふ自販機を目指しての大冒険
  • 爆笑必至のアルバイト体験

 

原田さんの文章は、ダイレクトに情景が浮かんできます。

気づいたら頭の中に「映像」が浮かんでるんです。

絶妙な言葉の言い回し

高校時代を振り返った、この「十七歳だった!」は、原田節全開です。

 

独特の言い回しがすばらしく、言葉だけでこんなにも笑わせられるんだ、と純粋に感心します。

 

初めて読んだ時は「文章でここまで笑わせられるんだ ( ゚д゚)」と感動して、友達にすすめまくってました。

 

 

どのエピソードも読者の心を高校時代へと引き戻し、懐かしさ甘酸っぱさを全身に感じさせます、大笑いさせながら。

 

とても今から20年前の作品とは思えません。

 

会社でも、日常でも「文章を書く機会」がある人は「文章構成」の面でも非常に参考になります。

スバラ式世界 (原田宗典)

f:id:rimutsutaka:20170904205728j:plain

ああっ、ボクはこんなに注目されちゃってるぅ!超自意識過剰人にして、大胆不敵な小心者のハラダ君が、極度の緊張のあまり、ドツボにはまっていくヒサンなお話の数々。

初めてのデートで。高級ホテルで。床屋から始まって歯科、皮膚科、眼科、人間ドックをめぐる世にも涼しい医者大験。

何でもないフツーの日々を、ちょっと痛くて、怖くて、笑える非日常へ誘うエッセイ集。

こちらも原田宗典さんの作品です。

 

「十七歳だった!」が高校時代の事を書いているのに対し、「スバラ式」は大学生の時の話や社会人になってからの話がメインです。

 

 

こちらも圧倒的なセンスで、笑いっぱなしにさせてくれます。

 

原田さんの初期作品である、「十七歳だった!」「スバラ式」は、神がかっています。

 

 

ミスチルやB'Zなど、アーティストにも初期作品に名曲が多いですが、原田さんの初期作品も才能が爆発しています。

スポンサーリンク

 

のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (伊集院光)

 

先ほども話題にした伊集院光さんの作品です。

深夜ラジオの爆笑トークのノリさながらに、大爆笑させます。

 

  • 奥さんとの会話。
  • 若手芸人だった頃のこと。
  • 伊集院さん独特の思考

 

など、笑えるエピソードが満載です。

オンリー・ミー 私だけを (三谷幸喜)

f:id:rimutsutaka:20170904205816j:plain

 

今から20年前の、三谷幸喜初エッセイです。

 

今の時代に、これだけ面白いエッセイを書ける人がいるとは思えないほどの「爆笑エッセイ」です。

 

 

あらためて思いますが「エッセイ」って普遍的なんです。

古くなることがありません。

 

 

伏線の張り方や随所にあふれ出るセンスなど、若かりし頃の三谷さんに触れたい方はぜひ読んでみてください。

1番の「おすすめ」は?

私のおすすめはなんと言っても原田宗典さんです。

特に「十七歳だった!」は原田宗典史上「最高傑作」だと思います。

 

人は、「文章でここまで笑わせられるのか!」と衝撃を受けた作品でした。

「Kindle」は読書ライフを変えてくれる

f:id:rimutsutaka:20171205014052j:plain

 

読書が好きな人は、ぜひKindleにふれて欲しい。 読書好きにとって「最強」のアイテムになりえます。

 

「Kindle」には本を読む概念を変えるだけの力がありますから。

 

 

スマホなどの「液晶画面」とは比較にならないほど読みやすいんです。

 

たまに「モニターで文章を読んでいても、内容が頭に入ってこない」なんて時があります。

 

 

しかしKindleは違います。

 

まさに「紙の本」を読んでいるような感覚なので、すーっと内容が頭に入ってきます。

Kindleとは?

Kindleとは、Amazonの「電子書籍を読むためだけ」に開発されたタブレットです。

 

読み心地が「紙の本を読んでいるのと変わらない」ので、最初にふれた時は感動しました。

 

Kindle商品ページに特徴が詳しく載っています。

Kindle Unlimited

Kindleでは「Kindle Unlimited」という読み放題サービスもやっています。

 

30日間の無料体験もあり、 無料期間中に退会すれば料金も一切かかりません。

INDEX】(クリックで目的の見出しにジャンプします)