【ハンドタオル】おすすめ手拭き紙最強人気ランキング。評判のペーパータオルを比較しました!

手拭き紙ハンドタオル人気ランキング

 

公共施設のトイレなどにある「手を拭く紙」。

私も使ってみたいな~と思い、導入してみました。

 

いいですね。タオルと違って清潔だし、価格も安いし。

ティッシュペーパーとの違いは「破れない」こと。

 

破れないので手を拭いた後、その辺をサッと拭くこともできるんですよね。

 

この手拭き紙、名称はいろいろで、

  • 手拭き紙
  • 手拭きタオル
  • ペーパータオル
  • ハンドタオル

などと呼ばれています。

 

そんなわけで、手拭き紙の魅力に気づいた私が実際に購入したものと、比較検討したものを合わせてご紹介します。

スポンサーリンク

おすすめ手拭き紙人気ランキング

1位:クレシア EFハンドタオル ソフトタイプ 2枚重ね 200組(400枚)×3パック

日本製紙クレシアEF ハンドタオル

  • 2枚重ね
  • 3個パックで約600円
  • 肌触りは柔らかくてやさしい

日本製紙クレシアの手拭き紙「EFハンドタオル」です。

2枚重ねになっており肌触りはやわらかめです。ごわごわしておらず、水分の吸収も良い。

キッチンのペーパータオルとしても活躍してくれてます。

Ar ハンドタオル 200枚入 5個パック

Ar ハンドタオル

  • 四国のメーカーが製造
  • 誰もがイメージする「手拭き紙」そのもの
  • 水分吸収は良い

Ar ハンドタオルです。200枚入5個パックながら約500円と、価格の安さが魅力。

よく公共施設にあるような、皆がイメージする手拭き紙ですね。

 

私も初めて使用したときは「固い!」って思いましたもん。

でも大丈夫です。使ってればすぐ慣れます。

 

べつに手が痛くなるわけでもないですし、水分はしっかり吸収してくれます。

ただ、クレシアと比べると机とかは傷が付きそうで拭きにくいかなぁーという感じです。

手拭き紙として使用するなら全然問題ありません。

アズワンのペーパータオル 1ケース(200枚/袋×30袋入)

アズワンのペーパータオル

  • 肌触りが柔らかい
  • 手洗いの水分拭き取りをはじめオフィスでも使える
  • 30袋で3000円を切る(2019.3.14現在)

アズワンの手拭き紙、ペーパータオルです。

30袋で3000円しないので、1個100円以下とコスパは素晴らしいですよね。

 

Amazonのレビューを見ても想像以上に吸水力が高く、1枚で十分拭き取れると絶賛されています。

1枚重ねだからこそ使いやすく、化粧品の拭き取りやキッチンの掃除など、あらゆるシーンで活躍してくれそうです。

4位:東海加工紙 業務用ペーパータオル

東海加工紙のペーパータオル

  • 200枚入りx5パックで1000円強
  • 手洗い後の手拭きはもちろん、衛生管理の厳しい場所でも使える
  • 肌触りも柔らかい

東海加工紙のペーパータオルです。根強いファンがいる手拭き紙ですね。

 

手洗い後の手拭きはもちろん、料理やオフィスでも使えます。

肌触りや柔らかいのでリピーターが多いのもうなづけます。

 

手拭き紙全般がそうですけど、ティッシュペーパーと違って毛ばたたないので、コンタクトレンズなどの拭きとりにもおすすめです。

手拭き紙をセットするケース

蝶プラ工業 ペーパータオルケース

手拭き紙はそのまま使用してもいいのですが、ケースがあるとより便利です。

私が使用しているのは、蝶プラ工業のペーパータオルケースです。

透明で清潔感があって、セットもしやすいんですよね。Amazonでも人気商品になっています。

まとめ

キッチンやトイレで布のタオルを使ってきたけど、衛生面が気になる人には、手拭き紙(ペーパータオル)は最高です。

しっかり水分を拭き取ってくれますし、ちぎれたりすることもありません。

値段も手ごろなので、ぜひ使用してみてください。