がっさいごっそい

【運営者情報】大好きな家電・パソコン・レジャーなどについて書いています

プロ厳選!ワイヤレスキーボード4選!評判のおすすめ人気無線キーボードを選りすぐって紹介!

おすすめワイヤレス(無線)キーボード

 

せっかくパソコンメーカーに勤めているので、評判の人気ワイヤレスキーボードを4つ選りすぐってみました。

ワイヤレスキーボードの反応スピード

「ワイヤレスキーボードって、反応スピードはどうなの?」と不安に思っている人もいると思います。

 

しかし、今時のワイヤレスキーボードの使い心地は、ケーブルがある有線キーボードと全く変わりません。

 

当たり前ですが、「キーを打ち込んだ瞬間に文字が入力」されます。

キーボードはすぐ慣れる!

キーボード購入にあたって「絶対に失敗したくない」という人も多いと思います。

 

しかし、人間は「慣れる生き物」です。どんなキーボードも必ず慣れます。

みなさんも経験あるのではないでしょうか?

 

ですので、気楽に選んでみてください。

 

スポンサーリンク

 

おすすめワイヤレスキーボード

優れた安定性。耐水。K275 LOGICOOL (ロジクール)

k275

 

ロジクールのワイヤレスキーボードと言えば、現在も大人気の「K270」ですが、その最新版です。

 

私も、この「K275」をメインで使用しています。

打鍵感 (キーボードの打ち心地)

打鍵感

 

一般的なキーボードの打鍵感です。

多くの人が慣れ親しんだ打ち心地です。

抜群の安定性

ワイヤレスキーボードの中には誤作動してしまうキーボードもまれにあります。

 

しかし、この「K275」は全く誤作動しません。

安定感抜群です。

【機能】:一発で電卓を呼び出せる

機能

 

キーボード上部にアプリケーションキーがあり、一発で「電卓」を呼び出したり、「音量調整」したりができます。

耐水

耐水設計です。

私も先日水をこぼしてしまいましたが、全然大丈夫でした。

 

水をこぼしたらすぐやること

  1. 右上にon/offスイッチがあるので、すぐoffにする
  2. キーボードを逆さにして乾くまで置いておく

水をこぼしたら通電させないことが大切です。完全に乾くまで逆さにして置いておきましょう。

 

公式サイトでスペック確認: Wireless Keyboard K275

総評

安定感抜群なワイヤレスキーボードです。

キーストローク、ワイヤレスの感度など使用していてストレスがたまりません。

深めのキーストローク。TK-FDM063TBK [エレコム]

TK-FDM063TBK

 

こちらは、サブで使用しているエレコムのワイヤレスキーボード「TK-FDM063TBK 」です。

深めのキーストローク:まるで東プレ

このキーボードは、キーストロークが深めになっています。

高級キーボード「東プレ」のような感じです。

 

初めて打ち込んだ時は多少違和感を感じましたが、すぐに慣れました。

やがて「大好き」と、お気に入りのワイヤレスキーボードに!

遅延もない

今回紹介しているワイヤレスキーボードは、どれも遅延はありませんが、このTK-FDM063TBKも有線と変わらない反応速度です。

 

テンキーも搭載されていますし、お手ごろ価格が魅力です。

POINT

 反応スピード抜群

深めのキーストローク

1,499円! (2018.5.1現在 Amazon)

マウスとセット。BSKBW100SBK 「バッファロー(BUFFALO)」

BSKBW100SBK

バッファローの「BSKBW100SBK」です。

キーボードとマウスがセット!

「ワイヤレスキーボード」と「ワイヤレスマウス」がセットで1,747円(2018.6.6現在Amazon)。

 

使い方もかんたん! 

 

USBレシーバーを1個挿すだけで、キーボードもマウスもつながります

テンキーもついており、キーボードひとつでなんでもできます。

POINT

キーボードとマウスがセット!

電池1本で10ヶ月動作!

極めて普遍的なキーボードなので違和感がない!

元祖人気ワイヤレスキーボード。K270「ロジクール」

 

ワイヤレスキーボード人気の火付け役、ロジクールK270です。

ワイヤレスキーボードの元祖でもあり、現在も圧倒的な人気を誇っています。

 

▼ Amazonでも、2,400を超えるレビューが付いているほど。

 

このK270も安定感抜群です。

「ワイヤレスキーボードを初めて使う」という人には、最適な一台でしょう。

 

また、「Unifying」というロジクール独自のUSBレシーバーにより、ロジクールのワイヤレス製品をいくつも同時につなぐことができるのでUSBポートを無駄に占有しません。

POINT

Unifying対応 (USBポートひとつでキーボードもマウスも無線化)

電池の持ちが良い

極めて普通

まとめ

有線キーボードの人はケーブルから解放されましょう!

作業効率が格段にアップします。