【マウスアシスタント】設定をソフトごとに自動で切り替える方法【エレコム】

【マウスアシスタント】設定を自動でソフトごとに切り替える方法【エレコム】

エレコムのマウスアシスタントをインストールしていると、マウスのサイドボタンなどにショートカットキーを割り当てられて便利ですよね。

 

ちなみに私が使っているマウスは、エレコムの「M-BL21DB」です。

【マウスパッドなしでも使える】最強ワイヤレスマウスはエレコムM-BL21DB!大評判のおすすめ無線マウス。
エレコムのワイヤレスマウス「M-BL21DB」は表面がつるつるの机でも動作します!マウスパッド必要なし。ボタンも5ボタンで「コピー・貼り付け」など好きなキーを割り当てられます!

 

私の場合、クローム、パワーディレクター(動画編集)、VLC(動画再生)など、ソフトごとに設定(ショートカットキー)を切り替えて使っています。

 

ただ、切り替えるといっても、今までは手動で切り替えていたんですね。

これが面倒くさい!

 

そして調べていると、ソフトごとに自動で設定を切り替える方法を最近知りました。

備忘録として残しておきます。

スポンサーリンク

【マウスアシスタント】ソフトごとに設定を自動で切り替える方法

今回は例として、動画再生ソフト「VLCメディアプレイヤー」を使用している時に、設定(ショートカットキー)を自動で切り替える方法の紹介です。

手順その1:VLCの設定ファイルを作る

まずは、VLCメディアプレイヤーを使用している時に割り当てる、ショートカットキーの設定をしていきます。

 

①プロファイル編集

プロファイル編集

 

②『追加(1)』をクリックして、出てきた画面に任意の名前(私はVLCにしました(2))を入力してOKをクリック

②『追加』をクリックして出てきた画面にVLCと入力してOKをクリック

 

③最初の画面に戻り、プロファイルの欄を先ほど付けた任意の名前(VLC)にして、ショートカットキーを設定したら、『適用』をクリック

VLCのショートカットキーを設定

 

④普段の設定に戻し(私の場合は『デフォルト』)『適用』をクリックする。

(※これをしておかないとすべてのソフトでVLCのショートカットキーが割り当てられてしまう)

よく使うデフォルトの設定をクリックして『適用』をクリック

 

⑤VLCメディアプレイヤーを起動する。続いて、他のソフトは触らずにマウスアシスタントに戻る。

 

⑥再び、『プロファイル編集』をクリック

プロファイル編集

 

⑦『VLC』をクリックして、下の段の『追加』をクリック

⑤『VLC』をクリックして、下の段の『追加』をクリック

 

⑧出てきた画面で『ウィンドウ選択』をクリック。

出てきた画面で『ウィンドウ選択』をクリック。

 

⑨『下記のプログラムを登録しますか?』と出るので、vlc.exeになっていることを確認してOKをクリック

下記のプログラムを登録しますか

以上で完了です。