がっさいごっそい

【運営者情報】家電・パソコン・レジャーなど、それぞれの専門家が独自の視点で記事を書いています。

7年前のパソコンのHDDをSSDに換装(交換)するだけで、こんなにサクサク快適に使えるなんてびっくり

SSDに換装(交換)するだけで、こんなにサクサク快適に使える

 

HDDをSSDに換装(交換) しただけで、7年前のパソコンがよみがえりました!

 

SSDは本当に速い。

HDDなんて比較になりません。

 

また、「稼動部」がない(HDDはアームを動かしてデータを記録している)ので、熱くならないんですよね。

 

夏場でもへっちゃらです。

 

スポンサーリンク

 

HDDからSSDへ換装。ノートパソコンの速度向上へ

私は、2010年に買ったノートパソコンを今も使っています。

NEC「LAVIE」のLL150という機種です。

 

2010年製造のパソコンとはいえ、すでにこの当時のパソコンは現在でも十分通用するスペックです

 

 

しかし唯一問題が・・

スピードに関して、HDDが足を引っ張りまくるのです。

 

それは、HDDを使用してる限り最新のパソコンでも同じこと。

 

したがって、HDDをSSDに変えるしか方法はありません。

 

スポンサーリンク

 

今はどのメーカーのSSDでも性能に差はない

今はSSDが登場してきた頃とは違い、どのメーカーのSSDでも性能に大差ありません

 

したがって、容量と価格を見て自分が良いな、と思ったものを購入すれば大丈夫です。

 

▼ 私が購入したのはApacerの「PANTHER」というSSDです。

SSDに交換

 

非常にコストパフォーマンスに優れた、アメリカのメーカーです。

しかし、現在Amazonでは在庫切れ

しかし、売れなかったのか現在は取り扱っていません。

 

そこで、私がSSD購入時に最後まで悩んだSSDを紹介します。

おすすめSSD

キングストン Kingston SSD 2.5インチ SATA3 TLC NAND採用 A400 3年保証 SA400S37

  • 240GB → 6,300
  • 480GB → 12,210
※ いずれも2018年7月7日現在Amazon

 

コスパ抜群!

経験上、SSDは圧倒的に故障しにくい。お手軽にスピードを得たい人にはもってこいのSSDです。

SanDisk SSD PLUS 240GB

安心のブランド「SanDisk」。

2018年4月8日現在、8,806円(Amazon)で購入できます。

 

容量は240GB。

 

ここまでお手ごろ価格になっていることは珍しいので、早めに購入しておきたいところ。

 

「信頼性」という意味では、他社より一歩抜きん出ています。

KingFast 240G 内蔵SSD 2.5インチ

KingFastのSSDです。

240GBが、7,080円 (2018/4/8 現在) で購入できます。

 

手っ取り早くSSDのスピードを体験したい人、なるべく安く買いたい人にはおすすめのSSDです。

 

「SSDのスピードを体感したいけど、価格は抑えたい」という人には、最強のSSDです。

Crucial SSD 250GB MX500 内蔵2.5インチ

SSDと言えば「Crucial」

それほどの大人気メーカーです。

 

ひと口にSSDと言っても、その中でも「スピード差」は存在します。

 

Crucialは、性能に絶対の自信を持っているメーカーなので、耐久性、スピードとも申し分ありません。

結局どのSSDを選べばいいの?

正直、CrucialでもSanDiskでも、KingFastでもHDDとは比較にならないスピードを体感できます。

 

それほど、最近のSSDは安定してるんです。

 

最後は、自分の直感で選んでみてください。

HDDとSSDの良いところを併せもつ『SSHD』という選択肢もある

 

「SSDと同じ価格で容量もたっぷり欲しい」という方におすすめなのが、『SSHD』というSSDとHDDのハイブリッドです。

 

これは、HDDのように大容量低価格でありながら、SSDのスピードも併せもつというもの。

 

 

特別な設定は必要なく、HDDやSSDと同じように使えます

 

 

HDDよりは、明らかにスピードが速いのが魅力です。

私も外付け用に、TOSHIBA製のSSHDをもっています。

 

もちろん、ノートパソコンのHDDと入れ替えることも可能です。

 

HDDからSSDにデータを移行する

今のHDDの環境をSSDに引き継ぐには、HDDのデータを丸ごとSSDに移す必要があります。

 

HDDの中身を、そっくりそのままSSDにコピーするというわけです。

手順 (HDDからSSDへデータをコピーする)

HDDからSSDへデータをコピー

 

ちなみに、このコピーを作ることを「クローン」を作ると言います。

【手順:クローンを作る】

  1. 「デュプリケータ」という、クローン作成マシーンを使用する
  2. 元のHDDと新しいSSDをデュプリケータにセットする
  3. 後は「コピーボタン」をポチッと押すだけ

デュプリケータとは、「HDDの内容を丸ごと他のSSDやHDDへコピーするための装置」です。

 

私が使っているのは、パソコン周辺機器でおなじみの玄人志向の製品です。

 

「左スロットにHDD、右スロットにSSD」を入れてコピーボタンを押すだけで、簡単にクローンが作れます。

 

ノートパソコンのHDDをSSDへ換装(交換) する

SSDへ交換する

 

クローン作成が終わったら、SSDとHDDを入れ替えます。

交換作業はかんたん。

 

ノートパソコン裏面からHDDが入っている部分のふたを開けて、SSDと交換するだけ。

 

 冷静に「どう取り付けてあるのか」を観察すれば、ツータッチぐらいで交換できます。

 

裏面にいくつかふたがある場合は、「大きさ的に、HDDが入っている場所はここかな」とめぼしをつけ、ねじをあけてみます。

 

スポンサーリンク

 

SSDはやっぱり速い

交換が済んだら、早速使い始めます。

 

参考までに、今までのHDDは電源ボタンを押してから使えるようになるまで3分以上かかっていました。

 

ところがどっこい、SSDは、

速攻、起動します。

 

「PCを使いたい!」

と思った瞬間に電源ボタンを押して、ほとんど待たされることなく使用できます。

まとめ:SSDは動作がサックサク

SSDは動作がサックサク!

2010年のパソコンが、SSDひとつで大復活です! (´∀`)

 

パソコンの高速化といえば「CPU」を考えがちですが、SSDへの交換が1番「速度向上」を体感できます。

 

ワードやエクセルの立ち上がりも非常に速いです。