【マウスパッドなしでも使える】最強ワイヤレスマウスはエレコムM-BL21DB!大評判のおすすめ無線マウス。

スポンサーリンク

エレコム・ワイヤレスマウス

ワイヤレスマウス。

ケーブルがないので、とっても便利です。

 

しかし、マウスパッドを敷かないと動作しない機種もあります。

できれば机の上には余計な物を置きたくありません。

 

そんな私のような人は、このワイヤレスマウスを選んでおけば大丈夫。

5ボタン。「貼り付け」などのショートカットを割り当てられる

マウスパッドなしでも軽快に動作

持ちやすい

 

ファイナルファンタジーにも推奨されているぐらい、使いやすく手になじみやすい設計になっています。

普段使いに非常にオススメです。

色も6種類あるので、自分の好きな色が選べます。

スポンサーリンク

最初に買ったワイヤレスマウスはロジクール

私が初めて購入した無線マウスは、ロジクールの「M505」でした。

当初は、反応の遅延も無く「これはいいわ~」と快適に使用。

 

しかし、いつからかマウスポインタが反応しずらくなってしまいました。

電池を新しくしても症状は変わらず・・

 

これは、まいった (´;ω;`)

涙目で新しいワイヤレスマウスを探すことに。

エレコムのワイヤレスマウス(M-BL21DB)を購入する

M-BL21DB

ぼんやりとAmazonで無線マウスを眺めていると、400件近いレビュー数のエレコム製無線マウス(M-BL21DB)が!

 

値段も非常に安い。

 

▼私はエレコム製の無線LANルーターをに大満足しているので、エレコム製には信頼があるんです。

エレコムって意外に良い製品が多いです。

「BlueLED」を搭載。マウスパッドを敷かずに使用できる

エレコム・ワイヤレスマウス

エレコムのワイヤレスマウス、M-BL21DBは「BlueLED」搭載です。

そのおかげで、マウスパッドを敷かなくても使用できます。

 

私の机は表面がつるつるなんですが、何の問題もなく軽快に動作してくれます。

反応速度も速く、遅延もまったくありません。

3つのボタンにショートカットキーが割り当てできる

M-BL21DB

M-BL21DBは、

  1. 中ボタン (ホイールを押した時)
  2. サイドボタン(上)
  3. サイドボタン(下)

に、コピーや貼り付けなどの自分の好きなショートカットキーを割り当てることができます。

割り当てにはエレコム・マウスアシスタントが必要

自分の好きなショートカットキーを割り当てるには、

「エレコム・マウスアシスタント」というソフトが必要です。

ダウンロード

エレコムのサイトからダウンロードできます。

後はダウンロードしたソフトを、手順にしたがってインストールするだけです。

画面の指示に従うだけなので、かんたんです。

マウスアシスタントの設定方法

マウスアシスタントの設定もかんたん!

マウスアシスタントの設定

  1. マウスアシスタントを起動
  2. それぞれのボタンにショートカットキーを割り当てる

自分のお気に入りのショートカットキーを作れる「任意キー」の設定方法

マウスアシスタントには、あらかじめプルダウンメニューに『Ctrl+C』など人気のショートカットキーが用意されています。

 

▼しかし、自分の求めるショートカットキーがない場合は、プルダウンメニューの「任意キー」から自分で登録します。

求めるキーがない場合

▼『任意キー』の文字をクリックすると、下記の画面が出てきます。

任意キー登録

ここに自分の登録したショートカットキーを登録します。

 

やり方は、任意キー登録ウィンドウの「入力1」をクリックし、キーボードで自分の好きなショートカットキーを押すだけです。

例えば「Ctrl+P(印刷する)」を登録したければ、Ctrlを押しながらPを押せば入力されます。

私おすすめのショートカットキー

エレコム・マウスアシスタント

▼ 私のおすすめショートカットキーです。

  1. 中ボタン → Enter
  2. サイドボタン(上) → Page Down
  3. サイドボタン(下) → 貼り付け

自分の好きなように割り当ててみてください。

設定はメニューから選ぶだけなので、迷うことがありません。

持ちやすいマウス

非常に持ちやすい!

丸みをおびており、とがった箇所もなく、持ちやすいです。

自然に手になじみます。

まとめ:コストパフォーマンス抜群

5ボタンでワイヤレス、こんなに素晴らしいのに価格は1,282円。(2019年7月6日現在Amazon)

コストパフォーマンス抜群です。

POINT

どんな場所でも、マウスパッドなしで軽快に動作する!

3つのボタンに、ショートカットキーが割り当てられる

 

【関連記事】