がっさいごっそい

・夫婦で執筆中 夫:18歳から慢性前立腺炎を患い、強烈な痛み、排尿の勢いの弱さに悩まされる。 なんとか痛みもなくし、排尿の勢いも取り戻したが、いつまた症状がぶり返すのかとおびえる毎日。 妻:娘がまだ虫歯になったことがないのが自慢。 (記事:http://www.suida-log.com/entry/clean-tooth)

【無線LAN子機】接続が切断されないおすすめのUSBアダプタはこれだ!【デスクトップをワイヤレス化】

WLI-UC-GNHP (バッファロー)

WLI-UC-GNHP (バッファロー)

WLI-UC-GNHPというバッファローの無線LAN子機が素晴らしい。

もう7年近く使っているが、まったく接続が途切れることが無いのだ。

 

今現在使用しているノートパソコン、NEC Lavieの無線LANの受信接続が頻繁に途切れるようになったので、このバッファローのUSB無線LAN子機を使用している。

 

今は生産終了になっていて、アマゾンや楽天などの在庫がなくなると手に入らない無線子機だ。

無線規格もacには対応していないものの、その一つ下の「IEEE802.11n」には対応していて、今現在でも速度的に何の問題もない。

過去の他社製無線LAN子機は電波が途切れ、満足とはいかなかった

無線LAN子機

私が一番最初に購入したノートパソコンはmsiというメーカーのものだ。

スペックの割りに価格も安く、快適に使用していたのだが、ある時から無線LAN接続がちょくちょく途切れるようになった。

 

twitterを見るにもなかなかページが表示されず、

「サーバーにアクセスが集中してるのかな?」

なんて考えていると、

無線LAN子機

↑ のマークに×印(接続が途切れている) がついているのを度々目にすることになった。

 

色々調べた結果、ノートパソコン本体の無線LAN受信部が壊れているらしく、無線LAN子機のUSBアダプタを買うことになった。

 

そして購入したのが、上の画像のプラネックスのUSBアダプタだった。

しかしながら、この2つの製品でも電波が途切れることが度々あり、

「ムキーッ(°д°)」

となることが多かった。

 

そして仕方なく、また新しく子機を買うハメになったのである。

 

そして購入したのが、バッファローの無線LAN子機、WLI-UC-GNHPだ。

そして、このWLI-UC-GNHPがホント凄かったのである。

 

無線接続が途切れているのを見たことがないのだ。

ホント有線であるかのように使えていた。

 

しかしその後は、新しいパソコンの「NEC・Lavie」を買ったので、WLI-UC-GNHPを使うこともなくなってしまった。

NECのLavieの無線接続の受信も悪くなってしまう

しかし、1ヶ月ほど前からNECのLavieの受信状態も悪くなってしまったのである。

f:id:rimutsutaka:20170815105625p:plain

↑ のマークに×印がしょっちゅうつくようになった。

 

▼このままじゃ作業が出来ないという事で、再びバッファーローの無線LAN子機アダプタ「WLI-UC-GNHP」を引っ張り出してきたのである。

無線LAN子機

WLI-UC-GNHPは、ホント接続が途切れない!

そしてこの1ヶ月再び使っているのだが、全く接続が途切れない!

 

いや凄い。

今現在WLI-UC-GNHPは生産終了しており後継機種が出ているが、それが同じように優秀なのかはわからない。

 

WLI-UC-GNHPは、無線規格最上位のacには対応していないものの、よほどの大容量ファイルを家の中でやり取りすることがなければ、その1つ下の無線規格「n」でも全く問題ない。

 

もちろん外の世界とインターネットをするのであれば、acであろうとnであろうと何も変わらない。

めっちゃ高速でつながる。

 

突然「ネットにつながらない」という事態を避けるためにも、WLI-UC-GNHPは大事に使っていこうと思った。