【音質比較レビュー】ソニーのマイクECM-PCV80Uの感想!「超おすすめ2種」を比較して紹介

スポンサーリンク

実況におすすめ

SONYのマイク「ECM-PCV80U」を購入しました。

 

最終的に2つまで絞込みました。

  • SONY「ECM-PCV80U」
  • マランツプロ 「MPM1000U」

 

今回は、SONYマイク「ECM-PCV80U」のレビューと、最後まで迷ったマイク・マランツプロ 「MPM1000U」について比較レビューしていきます。

 

早速、SONYマイク「ECM-PCV80U」と、マランツプロ 「MPM1000U」の音声をチェックしてみましょう。

※「画面左下に表示されているマイク名」が、そのとき使用しているマイクです

スポンサーリンク

おすすめマイク2種、比較レビュー

実況や歌ってみた、におすすめのマイク2機種を比較していきます。

 

結論としては、

  • お金があるなら「マランツプロ MPM1000U」
  • 最強コスパを求めたいなら「SONY ECM-PCV80U」

です。

 

ソニーのマイクの場合、PS4で録音すると「ピーッ」という音が定期的に入ってしまいます。これは仕様上、仕方がないそうです。

価格も安いので多くを求めるのは酷ですが、6000円ほどでコスパ最強のマランツが購入できるので、こちらの購入がおすすめです。ノイズも入りませんから。

①SONY製マイク(ECM-PCV80U)、初心者におすすめ

使ってみた感想

ここからは「ソニーマイク・ECM-PCV80U」をレビューしていきます。

 

まず、このECM-PCV80Uの音は非常にクリア。以前までのマイクとは明らかに違いました。

ただ、クリアと言っても若干のホワイトノイズは入ります。

 

今まではずっとヘッドセットマイクを使っていたんですが、

  • 音質は好みじゃない
  • 頭は締め付けられる

しで最悪でした (゚´Д`゚)゚

 

まさに安物買いの銭失い!

 

ECM-PCV80U は、自分の鼻息や周囲の雑音は拾わずに「拾ってほしい音だけ」をマイクに乗せてくれます。

音質は大事

音質って大事です。

私はYouTubeを視聴していても、低画質よりも低音質の方が見る気をなくすので。

ECM-PCV80Uのもう少しなところ

ほぼ3千円で買えるマイクに求めるのも酷ですが、基本的に正面からの音しか拾いません。

なので、マイク位置の調整にはシビアになります。

 

逆に言えばこれはメリットにもなります。

口元に向けておけばキーボードの音などを拾いませんから。

後は、若干のホワイトノイズでしょう。

価格

価格は3千円強です。

ソニーのマイクがこの値段で使えるのはいいですね。

②最後まで迷ったマイク

マランツプロ USBコンデンサーマイク 生放送・録音 MPM1000U

多方向からの音もばっちり拾う「マランツMPM1000U」です。

  • 接続はUSB
  • ホワイトノイズが無い
  • 多方向からの音も拾う

 

私が購入した「SONYのECM-PCV80U」の場合、基本的に正面からの音しか拾ってくれません。

安いので仕方ないんですが、マイクの位置調整が面倒くさい。

 

その点、マランツMPM1000Uは、120度ぐらいの範囲の音は余裕で拾ってくれます。

 

Amazonのレビューでも、

これねぇ・・星10個です。
値段と性能のバランスがおかしいです。
音量も十分でノイズもほぼ無し・・。

この価格が出せる人は 何も考えずにコレ買っておけば
きっと幸せになれますよ。(^^)v

YouTube動画にナレーションを入れたい人や、ゲーム実況したい人には最強のマイクみたいです。

まとめ:初心者にECM-PCV80Uはおすすめ

この記事では、『【音質比較レビュー】ソニーのマイクECM-PCV80Uの感想!「超おすすめ2種」を比較して紹介』をお送りしました。

 

ソニーECM-PCV80Uは価格も手ごろなので、初心者が手を出しやすい!

  • 歌を歌う人
  • ゲーム実況する人
  • スカイプをする人

など、初めてマイクを使う人には最適だと思います。

 

長く良いものを使っていきたいならマランツがおすすめです。