がっさいごっそい

【運営者情報】家電・パソコン・レジャーなど、それぞれの専門家が独自の視点で記事を書いています。

【ロボット掃除機】2万円台以下で評判の人気おすすめ5選|コスパ抜群製品を比較して紹介!

おすすめロボット掃除機まとめ

 

2万円台以下で買える、ロボット掃除機を厳選しました。

 

私は、ロボット掃除機を使い始めて7年になります。

食洗機と共に、生活を劇的に楽にしてくれたので、周囲にもすすめまくっています。

 

 

ロボット掃除機が登場してから10年以上が経ち、ルンバでなくても高性能な製品が多く登場しています。

 

たった1万円~2万円台で、清潔な床を手に入れられます。

毎日、懸命に働いてくれますから。

 

 

このページでは、おすすめの2万円台以下で購入できるロボット掃除機を厳選して紹介します。

  • 8,000円台
  • 1万円台
  • 2万円台
  • 3万円台(趣旨とは異なりますがルンバも徹底解説します)

 

INDEX(目次一覧)はこちらから

 

スポンサーリンク

 

後悔しないロボット掃除機の選び方

「思ってたのと違う」とならないためにも、ロボット掃除機の選び方は重要です。

1. 動き・効率ともに最高を求める人

今回は、コスパ最強のロボット掃除機を紹介していますが、「無駄のない動き、最大限の効率」を求める人は、正直ルンバ一択です。

 

1度買ってしまえば、長期間床を掃除し続けてくれます。すばらしいクオリティーとともに。

 

 

やはり、クオリーティーは非常に高く、ゴミの取り残しがありません。

 

 

私はルンバが発売された当初に買ったのですが、その頃に比べると価格もだいぶ下がりました。(2018.7.31現在Amazon⇒32,270円

 

▼そして、満足度が非常に高い「ブラーバ」も買いやすい価格になってきました。

2. コスパを重視する人

このページで紹介しているのは、「コスパ重視」のロボット掃除機です。

 

と言っても、掃除終了後は床はぴかぴかになります。

 

ただ、動きが賢いとは言えないこともあります。

 

床全体をきれいにするのに時間がかかる印象です。質より動きの量でカバーと言ったところでしょうか。

 

床は本当にきれいになるので、この辺は「自分が何を我慢できて、何を我慢できないのか」が重要になってきます。

 

 

それでは、おすすめロボット掃除機を紹介していきます。

2万円台以下で買える、おすすめロボット掃除機

価格別に紹介していきます。

8,000円台|コスパ最強

1万円を大きく切る、最強コスパのロボット掃除機です。

(価格は、すべて2018/7/16現在のものです。)

ツカモトエイム ミニ ネオ「AIM-RC03」

ツカモトエイム ミニ ネオ「AIM-RC03」

 

コスパ最強、ツカモトエイムの「AIM-RC03」です。

 

初登場時は入手困難なほど売れました。

その最新作です。

 

この「AIM-RC03」は、操作もかんたんで迷うことがありません。

 

★特徴

  「らせん走行」や「壁沿い走行」でしっかりお掃除

  「階段感知」機能

  「ダストボックス」の取り外しがかんたん

私は自室がある2階に導入していますが、数万円するロボット掃除機にも負けていません。

 

毎回ダストボックスには、ホコリがびっしり。

落下防止機能もあり、階段など段差を検知すると回避してくれます。

高級機に比べて劣っているところは

高級機は自分で充電ボックスに戻りますが、この「AIM-RC03」は力尽きるまで掃除し続けます。

 

そして電池が無くなるとその場で停止。人間が充電台にセットする必要があります。

気になるのはそのくらいで、十分仕事をしてくれます。

 

安価ながらも高性能なロボット掃除機です。

1万円台|コスパ抜群。この値段でここまでできる!

ILIFE V3s Pro

ILIFE V3s Pro

 

ユーザー評価抜群 の「ILIFE V3s Pro」です。

 【レビュー数】:239件

 【平均★数】4.5

 (Amazon: 2018.4.3現在) 

実際、Amazonのレビューでも満足度が非常に高いロボット掃除機です。

小回りがきく

軽くて小さいので、テレビ台の下などにもすいすいと入っていけます。

たっぷりの運転時間

運転時間も2時間とたっぷりです。

設計思想がペットの毛を完全吸引することなので、吸引力は抜群です。

 

丁寧に時間をかけて掃除してくれるので、毎日走らせているとフローリングにつやが出てきます。

  優秀な落下防止センサー

  2時間の連続運転ができる

  ペットの毛を強力に吸い取る

ECOVACS ロボット掃除機 モップ付 DEEBOT MINI DK560

DK560

 

ECOVACSは、ルンバのiRobotに次いでロボット掃除機「世界シェア第2位」です。

 

このDK560は吸引はもちろん、拭き掃除もしてくれます。

まずは動画を見てもらうのが早いでしょう。

 

吸引だけでは物足りない、しっかり拭き掃除もしたい!という人には最高の製品です。

特徴

  毎日決まった時間に掃除をするスケジューリング機能搭載

  お掃除を終えるか充電がなくなると自動で充電台に戻る

  約0.3Lのダストボックス搭載

Dibea D850 ロボット掃除機 薄型【自動充電、水拭き、強力吸引】

Dibea D850

 

「吸引・水拭き」両用、Dibea D850です。

私は、2階の自室に導入しています。

 

  1. バッテリー残量が少なくなると、自動で充電ドックに戻る
  2. 水拭きモードも手間いらず
  3. 最大120分間の長時間運転

 

ダストボックスも、ワンタッチで取り出せます。

 

水拭き用の水タンクは小さいですが、あらかじめモップを濡らして装着すれば、十分床をツルツルにしてくれます。

 

 

「また買いたいな」と思える製品です。

2万円台|吸引掃除 + 水拭き対応

「ILIFE V5s Pro」ロボット掃除機 水拭き 乾拭き両対応

ILIFE V5s Pro

 

先ほども登場した「ILIFE」の、水拭きにも対応している機種です。

  吸引掃除も優秀

  床をしっかり拭く「水拭き」

  120分間の連続運転

吸引掃除について

吸引掃除について

 

まずは、本来の役割「吸引掃除」です。

 

左右のブラシがホコリや髪の毛をかき集めます。

吸引力が強力なので、これだけでも床はかなりきれいになります。

水拭きモード

水拭きモード

水拭きモードでは、専用のモップが汚れを強力に拭き取ります。

 

このモップの拭き取り能力はかなり高く、ぴかぴかのフローリングにしてくれます。

クイックルワイパーも付けられます。

ECOVACS DEEBOT 水拭き対応「DM82」

ECOVACS DEEBOT DM82

 

ECOVACS(エコバックス) のDEEBOTです。

吸引はもちろん、水拭きもしてくれる

この機種も吸引&水拭き、両対応です。

吸引に関して

もちろん「ゴミやホコリの吸引」も、バッチリこなします。

 

細かいホコリを取り逃すことなく、フローリングの「溝部分のホコリ」もしっかり吸引してくれます。

水拭きモードもある

水拭きモードは、やはり頼りになります。

 

吸引掃除だけでは限界がありますからね。

それは人間が掃除機をかけても同じことです。

 

特に「小さいお子さんのいる家庭」には大変おすすめです。

きれいな床で、安心して子供を遊ばせておけます。

3万円台|ロボット掃除機の王道を使いたい人はこちら

iRobot ルンバ622

iRobot ルンバ622

 

ルンバ622です。

 

「初めてのロボット掃除機は絶対ルンバ!」という人には、このルンバ622がコスパ抜群です。

 

622より上位の機種ともなると価格が高めですが、こちらは3万円台で購入できますから。

 

上位機種が優秀すぎるだけで、ルンバ622もかなりの賢さをもっています。

「ルンバ型番の違い」を徹底解説

ルンバ622の魅力を解説する前に、「ルンバシリーズ3つの型番の違い」についてです。

600番台

賢さは十分。ルンバの中では1番安い

ルンバ800番台

ペットの毛やカーペットも、しっかりお掃除してくれる。

ルンバ900番台

ルンバ最上位機種。

広大なスペースを完璧に掃除してくれる。

ルンバ622の特徴

改めて、ルンバ622の魅力を挙げてみます。

 

ルンバ622の連続運転時間は1時間です。

 

しかもただの1時間ではなく、「ルンバの人口知能がしっかりと考えての1時間」なので、部屋は驚くほどきれいになります。

 

さすがに、800番台と900番台には及びませんが、毎日稼動させておけば、自分で掃除機をかける必要がほとんどありません。

3段階クリーニングシステム

ルンバは他のロボット掃除機とは違い、3段階のクリーニングシステムを採用しています。

  1. ゴミをかき出す
  2. かき込む
  3. 吸い取る

この3段階を、非常に高次元で行ってくれます。

 

また、ルンバが「ゴミが多い」と判断した場所は何度も往復し、完全にきれいにしてくれます。

ルンバ622がおすすめな人
  • ロボット掃除機は「ルンバ一択」だ
  • しかし、上位機種は高くて・・

という人には、「ルンバ622」は最高です。

 

しかも、2014年以降に発売されたルンバには、バッテリー寿命が従来機種から2倍に引き上げられた「XLifeバッテリー」が採用されています。

 

もちろん「ルンバ622」にも搭載されています。

終わりに:ロボット掃除機まとめ

ロボット掃除機は、ダイレクトに生活の質をぐっと上げてくれます。

安いものでもいいので、1度導入してみてください。

※下のINDEXから、このページの好きな見出しへ飛べます。

INDEX(目次)

INDEX】(クリックで目的の見出しにジャンプします)