がっさいごっそい

主にパソコン、ガジェット、インターネット、PC周辺機器について書いています

5分でわかる、エネループ|容量、寿命、充電時間。他、エボルタとの比較も!

「Amazonで音楽聴くだけ。抽選で1万円のギフト券!」

詳しくはAmazon特設サイトで!

 

エネループの特徴を5分でわかりやすく説明します。

(※エネループとは繰り返し使える充電池)

 

まず、明らかに100均(ダイソー) 電池とは「持ち」が違います。

 

たっぷりの容量があるので、「いちいち電池を取り替える手間」がありません。

 

 

後半ではエネループ購入時に比較した、「おすすめ充電地」も紹介します。

 

同じパナソニックの充電池「エボルタ」との比較もあります!

 

 

目次】(クリックで目的の見出しにジャンプします)
スポンサーリンク

 

エネループは容量別に3種類ある

★エネループは容量別に3種類あります

 

 【eneloop lite(容量が少ない)

 【eneloop】(スタンダード版)

 【eneloop pro(大容量)

 

 

▼初めての人は、「スタンダードモデル」がおすすめです。

2,100回も繰り返し使える!

「充電池の魅力」は、繰り返し使えるところですが、その回数が凄い!

 エネループのスタンダードモデルすら、「2100回」もくり返し充電できます。

 

1週間に1回の充電でも、300週間(6年)は使えます。

 

圧倒的な「省エネ」です。

 

スポンサーリンク

 

今までは100均(ダイソー電池)でCanonのデジカメを使っていた

今、私が使用しているデジカメは「単三電池2本」を必要とするものです。

 

今までは、100均のダイソー電池を使っていました。

このダイソー電池の減りが速い速い。

 

デジカメ撮影で30分もすれば、もう電池切れになっていました。

エネループは長寿命!

そんな時、実家の棚を見ると「エネループ」を発見。

 

おおー!これがエネループか!と、うれしくなって貸してもらいました。

 

そして、「デジカメにエネループをセットして」写真撮影開始。

 

うーん凄い!

いつまでも撮影していられるんです。

 

 

本当にエネループは電池の持ちが良く、電池交換を気にする必要がありません。

 

今までの100均電池は、「電池残量は、あとどれくらいかな?」と常に気にしていましたから。

エネループの「充電器」には2種類ある

エネループの充電器には、

  • 標準充電器
  • 急速充電器

の2種類があります。

 

自分が使っているのは、急速充電器です。 おすすめは、この「急速充電器」です。

 

急速充電器だと「あっという間に充電してくれる」ので、ストレスが一切溜まりません。

 

スポンサーリンク

 

急速充電器の充電方法にも3種類ある

急速充電器にも3種類の充電方法があります。

普通充電

2倍速充電

3倍速充電

の3つです。

普通充電のやり方

普通充電は、充電器のどこに電池を差しても充電できます。

 

2倍速充電のやり方

▼2倍速充電は下記の写真のように、左右それぞれの両端に電池をセットすると2倍速充電してくれます。

f:id:rimutsutaka:20171015053015j:plain

3倍速充電のやり方

3倍速充電は、エネループ1本の時にしか使えません。

 

▼写真のように、左右どちらかの端に1本セットすると、通常の3倍の速さで充電されます。

f:id:rimutsutaka:20171015053058j:plain

 エネループの充電時間

エネループの充電時間は、ホントあっという間です。

 

正確に計測したことはありませんが、確実に30分しないうちに満充電になります。

比較|エネループ以外の「充電器 + 充電池4本セット」の製品

ここからは、エネループ以外の「充電器 + 充電池4本セット」の紹介です。

 

安かったり、電池の性能が抜群だったりと、特徴的な充電池を集めました。

18650充電池 充電式リチウムイオン電池4本 

★特徴

  エネループより400円ほど安い

  充電器付き + 充電池4本

 

とにかく安い。

1,600円台で購入できます。(2018/3/3現在)

 

コンセントではなく、USB接続で充電します。

パソコンでも、かんたんに充電できます。

パナソニック 充電式エボルタ 充電器セット 単3形充電池4本

★特徴

  エネループより高性能の部分もある

  1回の使用時間が長く、大容量でバランスに優れている

 

「エネループ」「エボルタ」、両方ともパナソニックの製品です。

 

しかし、エネループはサンヨーから引き継いだもの。

 

パナソニック製、オリジナル充電池が「エボルタ」なのです。

「エネループ」と「エボルタ」の違い

「エネループ」と「エボルタ」、先ほども言った様に、どちらもパナソニックの製品です。

 

そこで、同じ「スタンダードタイプ」で比較してみたいと思います。

 

  • くり返し使える回数 → エネループの方が300回ほどくり返し使える
  • 1回の使用時間の長さ → エボルタの方が若干長い

 

ご覧の様に、両者、持っている特徴が違います。

 

 

ネットでは「どちらの充電池が良いか」と、いろいろな意見がありますが、個人的にはどちらでも満足できると思います。

 

値段もあまり変わりませんし、自分の直感でよいと思ったのを選んでみてください。

まとめ

充電池を使用して最初に感動するところが、「電池の持ち」です。

他にも充電時間の速さだったり、おすすめできる所がたくさん。

 

ぜひ自分に合った充電池を見つけてください。

 

▼こちらは一般的な乾電池です。コスパ抜群なものを集めました。