5分でわかる、エネループ|容量、寿命、充電時間。他、エボルタとの比較も!

スポンサーリンク

エネループ|容量、寿命、充電時間

エネループの特徴を5分でわかりやすく説明します。

(※エネループとは繰り返し使える充電池)

 

結論:エネループを選ぶなら「エネループPRO」

エネループPROはとにかく長持ちなのが特徴です。

エネループPRO

体感的に一般的なアルカリ乾電池の3倍は容量がありますから。

 

私はキャノンの単3電池2本で動くデジカメを使用しているのですが、写真はもちろん、動画も1時間以上余裕で撮れます。

「まだ残量が残っているのか」と思うこともしばしば。

 

ただ、PROはどうしても高いという場合はスタンダードモデルもあります。

 

エネループを選ぶメリット

  • 長持ちなので電池消費量が激しい製品に非常に効果的
  • 乾電池のゴミが増えない

 

後半では、同じパナソニックの充電池「エボルタ」との比較もします。

スポンサーリンク

エネループは容量別に3種類ある

★エネループは容量別に3種類あります

【eneloop lite(容量が少ない)

【eneloop】(スタンダード版)

【eneloop pro(大容量)

PROも安いので選ぶなら正直これ一択

PRO

冒頭でも言ったように、PROは本当に長持ちです。

エネループPROの場合、

  • 繰り返し充電回数は500回

 

500回と聞くと少なく感じますが、それだけ電池を充電する必要がありません。

頻繁な充電って面倒ですからね。

 

500回で何年持つのでしょう。

1本あたり3日に1回の充電をするとします。それでも4年は持つ計算です。

しかも、3日に1回充電が必要な製品てそうそうありません。

 

普通のアルカリ乾電池に比べて圧倒的にコスパが良いと思います。

 

特に、電池パワーを必要とする製品に使うと「PROで良かったなぁ」と。

スタンダードモデルは2,100回繰り返し使える

エネループのスタンダードモデルの場合は、

  • 「2100回」

くり返し充電できます。

 

3日に1回の充電で、17年使える計算になります。

もちろんPROに比べて容量は少なめです。

今までは普通のアルカリ乾電池を使っていた

愛用している、Canonのデジカメはバッテリーではなく単三電池2本で動きます。

今までは普通のアルカリ乾電池を使っていました。

 

しかし、動画を撮ると20分もすれば電池の容量切れを起こしてしまいます。

エネループの長寿命に感動!(特にPRO)

そんな時、実家の棚を見ると「エネループ」を発見。

おおー!これがエネループか!と、うれしくなって貸してもらいました。

 

ちなみにエネループの「PRO」です。

うーん凄い!

いつまでも撮影していられる感じ。

 

ずっと動画を撮り続けられるので、不安になって逆に「電池よ減れ」と思ってしまうレベル

電池交換がめんどうな人、いちいち充電器にセットするのがだるい人は、PRO一択だと思います。

エネループの「充電器」には2種類ある

※2019年7月19日追記

現在は急速充電器しか見かけません。

また、充電器のどこに挿してもハイスピードで充電してくれます。

追記ここまで

 

エネループの充電器には、

  • 標準充電器
  • 急速充電器

の2種類があります。

 

自分が使っているのは急速充電器です。

あっという間に充電してくれるのでおすすめです。

スポンサーリンク


 

急速充電器の充電方法には、3種類のエネループの並べ方がある

急速充電器にも3種類の充電方法(エネループの並べ方)があります。

普通充電

2倍速充電

3倍速充電

の3つができます。

普通充電のやり方

普通充電は、充電器のどこに電池を差しても充電できます。

2倍速充電のやり方

▼2倍速充電は下記の写真のように、左右の端に電池をセットすると2倍速充電してくれます。

f:id:rimutsutaka:20171015053015j:plain

3倍速充電のやり方

3倍速充電は、エネループ1本の時にしか使えません。

▼写真のように、左右どちらかの端に1本セットすると、通常の3倍の速さで充電されます。

f:id:rimutsutaka:20171015053058j:plain

 エネループの充電時間

エネループの充電時間は、ホントあっという間です。

正確に計測したことはありませんが、確実に30分しないうちに満充電になります。

比較|エネループ以外の「充電器 + 充電池4本セット」の製品

ここからは、エネループ以外の「充電器 + 充電池4本セット」の紹介です。

安かったり、電池の性能が抜群だったりと、特徴的な充電池を集めました。

18650充電池 充電式リチウムイオン電池4本

★特徴

  エネループより400円ほど安い

  充電器付き + 充電池4本

 

とにかく安い。

1,600円台で購入できます。(2018/3/3現在)

 

コンセントではなく、USB接続で充電します。

パソコンでも、かんたんに充電できます。

パナソニック 充電式エボルタ 充電器セット 単3形充電池4本

★特徴

  エネループより高性能の部分もある

 1回の使用時間が長く、大容量でバランスに優れている

 

「エネループ」「エボルタ」、両方ともパナソニックの製品です。

しかし、エネループはサンヨーから引き継いだもの。

パナソニック製、オリジナル充電池が「エボルタ」なのです。

「エネループ」と「エボルタ」の違い

「エネループ」と「エボルタ」、先ほども言った様に、どちらもパナソニックの製品です。

そこで、同じ「スタンダードタイプ」で比較してみたいと思います。

 

  • くり返し使える回数 → エネループの方が300回ほどくり返し使える
  • 1回の使用時間の長さ → エボルタの方が若干長い

 

ご覧の様に、両者、持っている特徴が違います。

ネットでは「どちらの充電池が良いか」と、いろいろな意見がありますが、個人的にはどちらでも満足できると思います。

値段もあまり変わりませんし、自分の直感でよいと思ったのを選んでみてください。

まとめ

充電池を使用して最初に感動するところが、「電池の持ち」です。

他にも充電時間の速さだったり、おすすめできる所がたくさん。

ぜひ自分に合った充電池を見つけてください。

▼こちらは一般的な乾電池です。コスパ抜群なものを集めました。