5分でわかる、エネループ|容量、寿命、充電時間。エボルタとの比較も!

エネループ|容量、寿命、充電時間

エネループの特徴を5分でわかりやすく説明します。

(※エネループとは繰り返し使える充電池)

エネループの種類容量繰返し充電回数
スタンダード1900mAh2100回
PRO2500mAh500回
※参考比較
アルカリ乾電池
950mAh

 

一般的なアルカリ乾電池は容量が 950mAh です

それに比較すると

  • スタンダード:2倍以上の容量
  • PRO:約3倍の容量

があります。

 

私のデジカメは単3電池2本で動くのですが、eneloop pro を使うと動画も長時間撮れるので本当に重宝しています。

エネループPRO

まだ残量が残っているのか」と、何度も驚かされています。

 

エネループを選ぶメリット

  • 長持ちなので電池消費量が激しい製品に特に効果的
  • 乾電池のゴミが増えない

 

この記事では、エネループの容量、電池の持ち、充電時間や、最安値で買えるお店も紹介します。

 

記事内の見出しへジャンプします

エネループの充電時間

エネループの最安値

エネループ以外のおすすめ充電池

 

関連記事

スポンサーリンク

エネループは2種類

  • eneloop スタンダード:標準容量
  • eneloop pro:大容量

eneloop pro も安いので選ぶなら正直これ一択

PRO

冒頭でも言ったように、eneloop pro(容量2500mAh)は本当に長持ちです。

一般的なアルカリ乾電池の約3倍は容量がありますから。

 

eneloop pro(エネループ プロ)は、くり返し充電回数が500回です。

エネループの寿命

500回と聞くと一瞬「少ないかな?」と思いますが、1回の充電でアルカリ乾電池の約3倍は持つので、頻繁に充電することもありません。

 

たとえば、エネループPROを1週間に1度充電すると9年持つ計算になります。

しかも、1週間に1回充電が必要な製品ってそうそうありません。

頻繁な電池交換って面倒ですから、容量は多ければ多いほど助かります。

 

特に、電池パワーを必要とする製品に使うと「エネループ プロで良かったなぁ」と思います。

価格も、4本で1,513円(楽天2020/5/2時点)と非常にリーズナブルになっています

スタンダードモデルは2,100回繰り返し使える

エネループのスタンダードモデル(容量1900mAh)の場合は、

「2100回」くり返し充電できる

3日に1回の充電でも17年使える計算になります。

もちろんPRO(2500mAh)に比べて容量は少ないですが、普通のアルカリ乾電池に比べれば約1000mAhも容量が多いので、一般的な用途には十分です。

 

価格は、4本で1248円(楽天2020/5/2時点)

エネループの充電器は賢い!

エネループは賢い

エネループは使った分だけ充電し、間違って乾電池を入れても充電をストップしてくれる

エネループの充電器は日々進化しています。

  1. つぎ足し充電:使った分だけ充電
  2. 充電池1本1本に最適な充電をしてくれる
  3. 非対応の充電池や乾電池、壊れてしまった充電池をセットした時はLEDが点滅して知らせてくれる

エネループの充電器には2種類ある

エネループの充電器には2種類ある

エネループの充電器には、

  • 通常充電器
  • 急速充電器

の2種類があります。

通常充電器と急速充電器の違い

「急速」充電器にしかない機能

  • 通常充電器に比べて約2倍の充電スピード
  • 充電の進行状況がLEDでわかる

価格もほとんど変わらないので、頻繁に充電する人は「急速充電器」をおすすめします。

エネループの充電時間 - 充電スピードの比較

エネループの充電時間

「急速充電器」は通常充電器の1.5倍~2倍のスピードで充電します。

特に単3形だと、その差は歴然です。

自分は急速充電器を使っていますが、あっという間に充電してくれるので、時間を無駄にすることなくおすすめです

 

急速充電器の最安値は705円です(楽天2020.5.2時点)

 

▼エネループ急速充電器セット(単3型 eneloop pro が4本付属)

 

▼エネループ急速充電器セット(単3型4本・スタンダードモデル

▼エネループ急速充電器セット(単4型4本・スタンダードモデル

 

こちらはAmazon限定です。

▼「通常」充電器(Amazon限定)

▼「急速」充電器(Amazon限定)

急速充電器でエネループを充電する場合、3通りの並べ方がある

追記:2020.4.29

現在の急速充電器は、どのように並べても最適な充電をしてくれます。

急速充電器は、エネループの並べ方によって充電スピードが変わります。

普通充電

2倍速充電

3倍速充電

普通充電のやり方

普通充電は、充電器のどこにエネループを差しても充電できます。

2倍速充電のやり方

▼2倍速充電は下記の写真のように、左右の端にエネループをセットすると2倍速充電してくれます。

f:id:rimutsutaka:20171015053015j:plain

3倍速充電のやり方

3倍速充電は、エネループ1本の時にしか使えません。

▼写真のように、左右どちらかの端に1本セットすると、通常の3倍の速さで充電されます。

f:id:rimutsutaka:20171015053058j:plain

エネループを「最安値」で買える場所

Amazonより楽天の方が価格が安くなっています(2020/5/2時点)

商品名をクリックすると最安値がわかります

(楽天市場 – 商品価格ナビに飛びます)

エネループ スタンダード

▼単3形

 

エネループ PRO

▼単3形

エネループ以外のおすすめ充電池

エネループ以外の充電池についても紹介します。

安く、性能も抜群な充電池を集めました。

Amazonベーシックの充電池

▼Amazonベーシック充電池 + パナソニック充電器

Amazonベーシックの充電池も安くて性能も良く、おすすめです。

関連記事

【使ってみた感想】Amazonベーシックの充電池がコスパ最強!エネループの充電器でも使える!
ずっと興味があったAmazon純正の「Amazonベーシック充電池」。エネループの充電器でも充電できますし、容量もエネループと変わりません。使ってみた感想や商品の画像をお送りします。

パナソニック 充電式エボルタ 充電器セット 単3形充電池

▼パナソニック 充電式エボルタ 充電器セット 単3形充電池

※1,650円(2020.4.29時点)

★特徴

  エネループより高性能の部分もある

 1回の使用時間が長く、大容量でバランスに優れている

 

「エネループ」「エボルタ」、両方ともパナソニックの製品です。

しかし、エネループはサンヨーから引き継いだもの。

パナソニック製、オリジナル充電池が「エボルタ」なのです。

「エネループ」と「エボルタ」の違い

「エネループ」と「エボルタ」、先ほども言った様に、どちらもパナソニックの製品です。

そこで、同じ「スタンダードタイプ」で比較してみたいと思います。

 

  • くり返し使える回数 → エネループの方が300回ほどくり返し使える
  • 1回の使用時間の長さ → エボルタの方が若干長い

 

ご覧の様に、両者、持っている特徴が違います。

ネットでは「どちらの充電池が良いか」と、いろいろな意見がありますが、個人的にはどちらでも満足できると思います。

値段もあまり変わりませんし、自分の直感でよいと思ったのを選んでみてください。

今までは普通のアルカリ乾電池を使っていた

私が愛用しているCanonのデジカメは、バッテリーではなく単三電池2本で動きます。

今までは普通のアルカリ乾電池を使っていました。

 

しかし、動画を撮ると20分もすれば電池の容量切れを起こしてしまいます。

エネループの電池の持ちに感動!(特にPRO)

そんな時、実家の棚を見ると「エネループ」を発見。

おおー!これがエネループか!と、うれしくなって貸してもらいました。

 

ちなみにエネループの「PRO」です。

うーん凄い!

いつまでも撮影していられる感じ。

 

ずっと動画を撮り続けられるので、不安になって逆に「電池よ、減ってくれ」と思ってしまうレベル

電池交換がめんどうな人、いちいち充電器にセットするのがだるい人は、PRO一択だと思います。

まとめ

充電池を使用して最初に感動するところが、「電池の持ち」です。

他にも充電時間の速さだったり、おすすめできる所がたくさん。

ぜひ自分に合った充電池を見つけてください。

▼エネループ「スタンダード」

▼エネループ「PRO」

▼充電式エボルタ

関連記事