がっさいごっそい

PC周辺機器メーカー勤務。主にガジェット・インターネット・PC周辺機器について書いています

価格別の「ロボット掃除機おすすめ紹介」から「ルンバ型番比較」まで!予算別でわかりやすい!

おすすめ記事SELECTION

1. 実際に買ってレビューしてます→ 2018年「買ってよかった」もの!

2. 絶対欲しいワイヤレスキーボード→ 無線キーボード4選

3. NURO光エリアの人はマジで乗り換えるべき!→ 「NURO光」へ乗り換えた!

スポンサーリンク

ロボット掃除機を価格別に紹介

評判のロボット掃除機を価格別にまとめました。

 1万円しないもの

 1万円台

 2万円台

 3万円台

 

今回は、価格別の大人気ロボット掃除機を紹介していきます。

 

目次】(クリックで目的の見出しにジャンプします)

6,000円代で買えるロボット掃除機

ツカモトエイム ミニ ネオ「AIM-RC03」

ツカモトエイム ミニ ネオ「AIM-RC03」

 

ツカモトエイムの「AIM-RC03」です。

Amazonでの価格は6,640円(17.12.26現在)。

 【レビュー数】:344件

 【平均★数】4

 (Amazon:17.12.26現在)

初登場時は入手が困難なほど売れました。

その最新作です。

 

AIM-RC03は、操作も非常にかんたんで、迷うことがありません。

 

★特徴

 

  らせん走行や壁沿い走行で部屋の隅ずみまでしっかりお掃除する

  階段感知機能で落下しない

  ダストボックス取り外しもかんたんで、水洗いできる

 

気軽にロボット掃除機を使ってみたい!という方には、ぴったりの製品です。

1万円台のロボット掃除機

ILIFE V3s Pro

ILIFE V3s Pro

 

ILIFE V3s Pro です。

 【レビュー数】:178件

 【平均★数】4.5

 (Amazon:17.12.26現在)

「ILIFE V3s Pro」は、Amazonでの評価が非常に高いです。

軽くて小さいので、テレビ台の下などにすいすいと入っていけます。

 

また運転可能時間も2時間とたっぷりです。

 

さすがに1万円台なのでルンバに比べて賢さは劣りますが、その分、しっかりと時間をかけて掃除してくれます。

 

★特徴

  「落下防止センサー」、「スケジュール予約機能」搭載

  バッテリーの持ちが大変よく2時間の連続運転が可能

  元々ペットのいる家庭を想定して作られているため、吸引力が強い

2万円台のロボット掃除機

ECOVACS DEEBOT 水拭き対応「DM82」

ECOVACS DEEBOT DM82

ECOVACS(エコバックス) のDEEBOTです。

ECOVACSは、ロボット掃除機の世界シェア第2位です。

 

この製品の売りは、なんと言っても水拭きにも対応しているところです。

 【レビュー数】:107件

 【平均★数】4.5

 (Amazon:17.12.26現在)

 

本当に細かいほこりを取り逃すことなく、フローリングの溝部分のほこりもしっかり吸引してくれます。

 

しかも水拭きにも対応しているので、毎日DEEBOTを使っていると床がピカピカになります。

 

特に、小さいお子さんのいる家庭では大活躍すると思います。

 

公式サイトでは「お試しレンタル」もやっていたりします。

★特徴

  稼動時間:最大2時間30分!

  落下防止機能付き

  水拭きができる

3万円台のロボット掃除機

iRobot ルンバ622

iRobot ルンバ622

 

ルンバ622です。

ルンバは、ロボット掃除機を爆発的に普及させました。

 

上位機種のルンバは価格が高めですが、ルンバ622なら3万円台で購入できます。

【比較】:ルンバシリーズ(型番)

現在ルンバには3つのシリーズがあります。

 

 900番台:ルンバ最高級機。広大なスペースを完璧に掃除してくれる。

 800番台:ペットの毛やカーペットも完璧に掃除できる。

 600番台:完璧ではないが、ルンバの名に恥じることはない

ルンバ622の特徴

 【レビュー数】:166件

 【平均★数】4.5

 (Amazon:17.12.26現在)

ルンバ622の稼動時間はおよそ1時間です。

しかしただの1時間ではなく、ルンバの人口知能がしっかりと考えての1時間なので、部屋は驚くほどきれいになります。

 

さすがに800番台と900番台には及びませんが、それでも毎日稼動させておけば、自分で掃除機をかける必要はほとんどありません。

3段階クリーニングシステム

ルンバは他のロボット掃除機とは違い、3段階のクリーニングシステムを採用しています。

 

まずゴミをかき出し、かき込み、そして吸い取ります。

このおかげで、ゴミをきれいに除去してくれるわけです。

 

また、ルンバが「ゴミが多い」と判断した場所は何度も往復し、「ゴミがなくなった」とルンバが判断するまでしっかりとお掃除してくれます。

ルンバ622がおすすめな人

「初めてのロボット掃除機だからこそ、ルンバが欲しい。」

「しかし、さすがに上位機種は高くて買えない。」

 

という方には、ルンバ「622」一択だと思います。

 

しかも、2014年以降に発売されたルンバには、バッテリー寿命が従来機種から2倍に引き上げられた「XLifeバッテリー」が採用されており、もちろんルンバ622にも搭載されているのでコストパフォーマンス的にも非常に優れています。

終わりに:ロボット掃除機まとめ

今回紹介したロボット掃除機は、どれもAmazonでの評価が高い機種ばかりです。

1度ロボット掃除機を導入してみると、もうそれがない生活には戻れません。

 

これほどダイレクトに生活を豊かにしてくれる家電もなかなかないと思います。