がっさいごっそい

気になるあれこれについて紹介していきます!

エレコムのワイヤレスマウスは場所を選ばない、どこでも使える無線マウスだった。つるつるの机でも軽快に反応してくれる。

f:id:rimutsutaka:20170814192806j:plain

正解は、ロジクールではなくてエレコムだったのか。

エレコムって凄いと素直に思った。

無線LANルーターに続いてワイヤレスマウスでもエレコムに満足出来たので、そのことを書いていきます。

最初に買ったワイヤレスマウスはロジクール

1番最初に買った無線のマウスは、ロジクールの「M505」でした。

マウスパッドの上で使っていましたが、反応の遅延も無く快適に使えていました。

「マウスパッドを敷く」のは必須でしたが。

しかし、いつからかマウスパッドを敷いてもマウスポインタが反応しにくくなってしまいました。

電池を新しくしてみても症状は変わらない。

これは、まいった (´;ω;`)

と、涙目で他の無線マウスを探すことに。

エレコムのワイヤレスマウス(M-BL21DB)を購入する

ぼんやりとAmazonで無線マウスを眺めていると、400件近いレビュー数の無線マウス(M-BL21DB)があった。

値段も非常に安い。

自分は下記の記事でも取り上げたように、無線LANルーターはエレコムの製品を使っていて、それにとても満足しているので意外とエレコムには愛着がある。

巷ではエレコムの評価はどうなんだろう。

ロジクールとかの方が高い気がする。実際、以前の自分もそうだったし。

ワイヤレスマウスM-BL21DBは、5ボタンであり、そのボタンに「コピー」や「戻る」などの機能も割り当てられるのに値段は1300円ほどとびっくりするぐらい安かったので早速購入。

M-BL21DBは「BlueLED」を搭載しているということで、「どんな使い心地かな」とわくわくしながら使い始めた。

すると、このマウスはマウスパッドを敷かずに使用出来た。

反応速度も問題なく遅延もない。

"普通にストレスなく使える" ということが、マウスやキーボードを使う時にはとても重要だということに改めて気付かされた。

他にもM-BL21DBのサイドについているボタンに「コピー・貼りつけ」などの機能を割り当てて使用しているのだがこれも使いやすい。

いちいち右クリックからコピーなどを選ばなくていいので時間の節約になる。

安いのにこの使い心地は素晴らしいと思う。

「ワイヤレスマウスはどれが良い?」と聞かれたら、自信を持ってM-BL21DBと答える。