がっさいごっそい

・夫婦で執筆中 夫:18歳から慢性前立腺炎を患い、強烈な痛み、排尿の勢いの弱さに悩まされる。 なんとか痛みもなくし、排尿の勢いも取り戻したが、いつまた症状がぶり返すのかとおびえる毎日。 妻:娘がまだ虫歯になったことがないのが自慢。 (記事:http://www.suida-log.com/entry/clean-tooth)

【ワイヤレスマウス決定版】M-BL21DBは場所を選ばない、マウスパッドなしでも使える無線マウスだった

エレコム・マウス

このエレコムマウスは、マウスパッドを敷かなくても軽快に動作します!

正解は、ロジクールではなくてエレコムだったのか。

エレコムって凄いと感じてます。

 

無線LANルーターもエレコムで満足していたのですが、まさかワイヤレスマウスでも満足できるなんて!

 

最初に買ったワイヤレスマウスはロジクール

1番最初に買った無線マウスは、ロジクールの「M505」でした。

マウスパッドを敷いて使っていましたが、反応の遅延も無く快適に使えていました。

 

しかし、いつからかマウスパッドを敷いてもマウスポインタが反応しにくくなってしまいました。

 

電池を新しくしてみても症状は変わらない。

 

これは、まいった (´;ω;`)

と、涙目で他の無線マウスを探すことに。

エレコムのワイヤレスマウス(M-BL21DB)を購入する

M-BL21DB

 

ぼんやりとAmazonで無線マウスを眺めていると、400件近いレビュー数の無線マウス(M-BL21DB)があった。

値段も非常に安い。

 

自分は下記の記事でも取り上げたように、無線LANルーターはエレコムの製品を使っていて、それにとても満足しているので、エレコムには愛着がある。

巷ではエレコムの評価はどうなんだろうか。

ロジクールとかの方が高い気がする。

実際、以前の自分もそうだったし。

 

エレコムのM-BL21DBは5ボタンマウスであり、そのボタンに「コピー」や「戻る」などの機能も割り当てられる。

そして価格は驚きの1300円ほど。

 

エレコムのマウス、M-BL21DBは BlueLEDを搭載している

M-BL21DBは「BlueLED」を搭載している。

そのおかげで、マウスパッドを敷かずとも使用出来るのだ。

 

反応速度も速く遅延もない。

 

他にもサイドボタンに「コピー・貼りつけ」などのショートカットキーを割り当てられる。

いちいち右クリックからコピーなどを選ばなくていいので時間の節約になる。

終わりに

この価格で、この使い心地は素晴らしいと思う。

「ワイヤレスマウスはどれが良い?」

と聞かれたら、自信を持ってM-BL21DBと答えることができる。